【お出かけ】話題のカーシェアリングとは?便利な理由を徹底解明!

【お出かけ】話題のカーシェアリングとは?便利な理由を徹底解明!

2017.06.19

64

車の前輪部分
車の前輪部分 (参照元: unsplash

自由で便利な新しい移動手段「カーシェアリング」って知ってる?
今話題のカーシェアリングは、免許は取ったもののマイカー購入費はないし、レンタカーも高い、でもペーパードライバーにはなりたくない…という人にもぴったりなサービスだからこそ要チェック!

今回は、カーシェアリングとはから、各会社の料金比較や保険についてなど、利用前に絶対押さえておきたいポイントをまとめてご紹介します。

人気のサービスと「カーシェアリング」とは?

運転
運転 (参照元: unsplash

最近話題の「カーシェアリング」って、知ってる?
「カーシェアリング」とは、特定の自動車を会員間で共有し、好きなときに借りることのできるサービスのこと。

会員に申し込む際にはクレジットカードが必要で、会員登録をすれば受け取れる会員カード(ICカード)を予約している時間にステーションに置かれている車にかざせば、ドアロックが解除されて使用ができるようになっています。 使用後は、返却時間までに同じ場所へ返却するのがルールで、基本的には乗り捨てはできないことになっています。

また、レンタカーではよくあるガソリン満タン返しですが、カーシェアリングではガソリンが減ったタイミングで利用している人が無料で満タンにするという決まりになっているため、返却時に慌ててガソリンを満タンにして返す必要もありません◎

免許を持っているけれど、車がない人におすすめ♡(

座席からの景色
景色 (参照元: unsplash

免許は取ったけれど、マイカーを購入するお金や維持費がもったいない…という人も多いのでは? そんな人にとって、カーシェアリングはまさにマイカー代わりにもタクシー代わりにもなる自由で便利な新しい移動手段なんです!

15分程度の短時間から借りられるため、買い物デートや家族や友人などの送迎にもおすすめです。

また、短時間の利用であればレンタカーよりも割安になるのも魅力の1つ◎ そのため、特に短時間・高頻度で車を利用したい人向けのサービスです。 免許は取ったけれど、すぐにマイカーは買えない…とはいえ、ペーパードライバーにはなりたくないといった学生にもおすすめです!

「カーシェアリング」のメリット・デメリット

メリット

自由で便利な新しい移動手段「カーシェアリング」には、こんなにもメリットがあるんです!

・車の購入費や車庫代、維持費、メンテナンス料、保険料などのコストが一切かからない
・短時間の利用であれば、レンタカーよりも割安
・ガソリン代や保険料もかからない
・24時間ネット予約ができる
・1度入会手続きを済ませれば、窓口での面倒な手続きをしなくても24時間いつでも利用できる
・全国展開のカーシェアリングであれば、旅行先などでも車が利用できる

デメリット

・毎月1,000円の固定費がかかる(学生は無料)ため、車に1度も乗らない月でもこの固定費はかかる
・長期で借りる場合には、レンタカーのほうが割安になることがある
・基本的に車内掃除は利用者に任されるため、運が悪ければ汚れていることもある
・利用方法を誤れば、ペナルティーが課せられる
・予約が集まりやすい土日には借りられないなどのケースが頻発している

「カーシェアリング」の料金

料金
料金 (参照元: unsplash

カーシェアリングの利用料金は各社まちまちですが、料金体系は基本的に初期費用と月々の利用料金から成ります。

まず、初期費用として支払う必要があるのは
・カーシェアリングサービス入会時(登録時)
・入会金(登録料)
・保証金
・ICカード発行手数料
などです。

また実際の利用は、月額基本料金が設定されています。
月額基本料金に加え,利用した時間と距離に応じて少しずつ料金が加算されるという仕組。カーシェアリングの利用料金には、すでに保険料・駐車場代・燃料代が含まれています。

【タイムズカープラス(Times Car PLUS)】
詳細はこちら

【カレコ・カーシェアリングクラブ(careco)】
詳細はこちら

【オリックスカーシェア】
詳細はこちら

【アース・カー(earscar)】
詳細はこちら

【エコロカ(ecoloca)】
詳細はこちら

【カリテコ(名鉄協商カーシェア)】
詳細はこちら

【D-share(Dシェア)】

詳細はこちら

【ラクモ(トヨタレンタカー)】

詳細はこちら

 

万が一のときは?

連絡
連絡 (参照元: unsplash

カーシェアリングの利用料金には、自動車保険料が含まれているため安心です。

万が一のときには、まずは警察に電話をしたあと、オペレーションセンターに連絡をします。 そうすることで、オペレーションセンターがレッカーなどの手配をし、その後の交渉等もすべて手配してもらえます。

こういったサポート体制が整っているため、カーシェアリングは店舗がないため不安だ…という人も安心して利用できるのでは? もちろん、駐車違反等によって放置違反納付命令を受けた場合やレッカーで移動された場合の費用は自己負担となるため注意しましょう!

また、出発前の日常点検は自分でしっかりと行うことや、無事故無違反を心掛けた安全運転をすることも忘れずに◎

「カーシェアリング」入会の前に押さえておきたいポイント

自宅や職場から近いところにカーステーションがある会社を選ぶ!

通り
通り (参照元: unsplash

今話題のカーシェアリング。
自由で便利な新しい移動手段だからこそ、入会前に押さえておきたいポイントをしっかりと知っておくことが大切です。

まず、カーシェアリングを考えるなら車の貸出・返却の場所となるカーステーションが自宅や職場から最低でも2km以内にあるかどうかがとっても重要です! 遠ければ遠いほど、カーステーションまでの移動が大変となり、便利さとは程遠くなってしまうからこそ、できれば利用したいときにすぐに使えるようにも500m圏内にカーステーションを設置している会社を選択するのがおすすめです◎

利用頻度にあった料金プランがある会社を選ぶ!

PC画面
PC画面 (参照元: unsplash

カーシェアリングには時間利用料金以外にも、入会費や初期費用、月額の基本料金、距離料金が必要となってきます。 サービス会社によって基本料金は高めでも利用料金が安かったり、反対に利用料金が少し高めでも基本料金は安かったりと様々。

だからこそ、どの会社の料金プランが最も自分にとってお得になるのかは、利用頻度によって変わってくるのです! そのため、月にどれぐらいの頻度でカーシェアリングサービスを利用するかをよく考えたうえで、各社の料金プランをしっかりと比較検討してみましょう。

ライフスタイルや利用シーンに合った料金プランの会社を選ぶ!

費用
費用 (参照元: unsplash

さらに、事前に調べておきたいのが、6時間パックや夜間パックなどといった「パック料金」の設定があるサービス会社です。 カーシェアリングサービスを利用するのが夜だけの場合など、利用料金が高くてもこういった夜間パックなどお得なパック料金を設定しているサービス会社であればお得になることも◎

そのため、利用する頻度とともに利用シーンも考慮したうえで、各社のパック料金にもぜひ注目してチェックしてみて!

用途や好みに合った車種を用意している会社を選ぶ!

自動車
自動車 (参照元: unsplash

カーシェアリングで利用できる車種は、主にコンパクトカーやプリウスなどのセダンタイプではあるものの、軽自動車やクーペタイプ、電気自動車や外国産車など、サービス会社によって取り扱っている車種は様々です。

ちょっとしたお買い物などでの利用であれば軽自動車、デートならクーペ、環境のことを考えるなら電気自動車、家族5人でゆったりと利用したいのならちょっと広めの外国産車など、用途や好みに合った車種が用意されているかもチェックしてみては?

車載装備やオプションから会社を選ぶ!

運転席
運転席 (参照元: unsplash

サービス会社によっては、標準装備としてカーナビやETCを搭載していたり、オプション装備としてベビーシートやチャイルドシート、携帯充電器などを貸し出してもらえることも◎

特に小さなお子様がいらっしゃるママさんであれば、必ず必要となってくるベビーシートやチャイルドシートだからこそ、こういったオプションもぜひチェックしてみて! 会社によってオプション利用料金も異なってくるから、比較検討することがおすすめです。

まとめ

自由で便利な新しい移動手段「カーシェアリング」、いかがでしたか?
自分が求めていたサービス!と思った人も多いのでは?

ご紹介した各会社の料金比較や保険、利用前に押さえておきたいポイントを参考に、自分に最適なサービス会社を選んでみて◎ そうすれば、カーシェアリングが自由で便利!ということがきっと実感できるはずです!

facebook
twitter