【仕事】仕事ができる人の特徴&習慣とは?できない人とはココが違う

【仕事】仕事ができる人の特徴&習慣とは?できない人とはココが違う

2018.04.01

1,000

デスク
デスク (参照元: unsplash

仕事ができる人って、男女を問わずキラキラとしていて憧れちゃいますよね! そんな憧れの「仕事ができる人」に近づくためにも、仕事ができる人とできない人では何が違うのか知りたくありませんか?

そこで今回は、仕事ができる人の特徴や習慣をまとめてみました!

確かに仕事ができるあの人にはそういう特徴や習慣がある!と納得できることがたくさんあるはず◎

まずは、仕事ができる人の特徴や習慣を知ることから近づいてみましょう♡

仕事ができる人の特徴5選!仕事ができない人とではココが違う!

仕事の目的への理解度 

仕事中
仕事中 (参照元: unsplash

仕事ができる人の特徴として、仕事の目的を理解して取り掛かっていることが挙げられます。

ゴールとなる目的が見えていれば、それに向けてどんな何を優先させるべきなのか、どんな行動を今すべきなのかが自然と見えてくるもの。

一方、仕事ができない人の場合、仕事の目的への理解度が低いからこそ、優先順位を正しく決められなかったり、目的へ向けての行動に取り掛かることができないのです。

そのため、仕事に取り掛かる際には、ゴールとなる目的を明確に理解することが大切です◎

仕事をする環境が整っている 

パソコン
パソコン (参照元: unsplash

仕事ができる人は、仕事をする環境が整っている、もしくは普段からしっかりと整える習慣があります。

たとえば、仕事ができる人のデスクのうえには必要な書類やファイルのみが置かれていたり、引き出しのなかも綺麗に整頓されているのです◎

また、仕事ができる人はファイルにラベルを貼るなどして、自分だけでなく第三者が見てもわかりやすいよう、効率良く仕事を行える環境に整えていることが特徴です。

このように、すぐに仕事が効率良く始められる環境が整っているかどうかも、仕事ができる・できないの分かれ道となるのです!

実戦で覚えようとする姿勢

女性
女性 (参照元: unsplash

仕事のできない人は知識で仕事を覚えようとする一方、仕事ができる人は実践で頭と身体を動かしながら直接覚え込ませようとするのが特徴です。

もちろん、実践に移して初めて失敗することもあるけれど、「失敗からしか学べないことがある」という大切なことをこれまでの経験から仕事ができる人は知っているのです◎

反対に、失敗を恐れて実践を後回しにしてしまうと、実践からしか学べない経験がいつまでも身に付かずに仕事ができない…という結果に。

仕事の覚えはもちろん、成功や失敗を含めて実践をすることで人としての成長もできるため、とにかく実践することは仕事をするうえでとっても大切なのです◎

レスポンス・意思決定が早い 

カレンダー
カレンダー (参照元: unsplash

決断力やレスポンスの早さも、仕事ができる人の特徴の1つです。

決めるのが早いということは、その分実際に行動する時間が増えるということ!

反対に、決断力がなくダラダラと悩んでしまうと、決断に要する時間ばかりが過ぎていて大切な仕事に取り掛かる時間が確保できずに、気づいたら時間がなくなっていた…なんてことも。

そのため、レスポンスの早さを意識することも大切です◎

手を抜けるところは抜こうとする

石
(参照元: unsplash

仕事ができる人は、仕事のなかで優先順位を決めるのが上手だからこそ、手を抜いても良さそうなところや楽できそうなところは手を抜き、楽をするのも上手!

手を抜いても良い、つまり仕事のなかでも重要度の低い部分にまで全力を尽くしてしまうと、時間的にも体力的にも持たないからこそ、ここぞという大切な仕事を見極めてそこで力を尽くすのです。

このように、自分の仕事の重要度や優先順位をしっかりと見極めると同時に、限られた時間や体力を自分自身で上手にコントロールできるのも、仕事ができる人の特徴です◎

もちろん、「手を抜いて楽をする」ということを目標にするのは良くないけれど、仕事の重要度を見極めながら手を抜けるところは抜こうとするスキルを身に付けることを目指しましょう!

仕事ができる人の習慣

休憩をうまくとり仕事にメリハリをつける

ノートとパソコン
ノートとパソコン (参照元: unsplash

どんなに仕事ができる人であっても、仕事中ずっと神経を集中させ続けることはできません。

だからこそ、仕事ができる人ほど休憩を上手く取ったり、睡眠時間もしっかりと確保する習慣があるんです◎

これは、休憩や睡眠が不足すると、結果的に仕事に支障を来してしまうということを仕事ができる人はよく知っているからでもあります!

実際に、徹夜明けの人と10分だけでも睡眠を取った人とでは仕事の効率は大きく異なってくるうえ、仕事ができる人ほど休憩や睡眠が仕事の成果に結び付く大切な財産であることを自覚しているのです。

また、仕事ができる人ほど時間配分や時間そのものを作るのが上手いからこそ、仕事ができない人よりも休憩や睡眠にあてる時間を確保することができるのも特徴です◎

生活リズムを一定に保つ

フルーツ
フルーツ (参照元: unsplash

仕事ができない人の特徴として、休日を挟むと生活リズムを一定に保てないことから仕事に対するモチベーションが著しく低下してしまうことが挙げられます。

たとえば、休日をダラダラと過ごした結果、休日明けの仕事の日はモチベーションが上がらない…など。

実際に、休前日に遅くまで起きていて休日は昼過ぎまで寝ている、そのため夜に眠れなくて睡眠不足で出勤すればもちろんモチベーションも上がらないですよね…。

反対に、仕事ができる人の場合は、休日の日には心身ともにできるだけ休めるようゆっくりと過ごすものの、起床や就寝、食事といった基本的な生活リズムは乱さずに過ごすことが特徴です。

このように基本的な生活リズムをできるだけ一定に保つからこそ、休日明けも変わらず高いモチベーションで仕事をスタートすることができるのです◎

その日にできることはその日のうちにやり終える

ノート
ノート (参照元: unsplash

仕事ができる人は、その日にできることはその日のうちにやり終えるのも特徴の1つに挙げられます。

大切なことは、「その日できることは明日に回さない」ということ!

その日にうちにやってしまえることであっても明日に回すタイプの人は、多くのことにおいてギリギリまで後回しにする習慣があり、ひどい場合には間に合わないことも…。

ギリギリこなすようでは仕事は雑になってしまううえ、仕事のクオリティはどうしても低くなってしまうのです。

とりあえず形になっているため問題がないままに過ごしている人も多いかもしれないけれど、仕事ができる人からすればその日にできることはその日にやり終えることで余裕を持って仕事の完成度を高めていくことが大切なのです。

自分のやる気が出る方法を知っている 

道路の落書き
道路の落書き (参照元: unsplash

仕事ができるということは、仕事のモチベーションが高いということ!

そのため、仕事ができる人ほど自分のやる気スイッチの入れ方を知っているんです。

反対に仕事ができない人は、面倒…などと愚痴をこぼすだけで、自分自身でやる気スイッチを入れようと努力は工夫をしないから、いつまで経ってもモチベーションが低く仕事ができないままに…。

やる気の出る方法は人それぞれだからこそ、自分自身のやる気スイッチの入れ方を探してみてはいかが?

プライベートをしっかり満喫する 

女性スマイル
女性スマイル (参照元: unsplash

仕事ができる人ほど、仕事だけに没頭するのではなく、プライベートをしっかり満喫しているのも特徴です。

仕事をするときはもちろん本気だけれど、プライベートのときも一切仕事に関することは持ち込まずに全力で楽しんで、公私のメリハリをしっかりとつけているのです!

仕事の量が多い職場や、緊急を要することの多い職場など、職場の環境によってはプライベートと仕事をきっちりと分けることが難しい場合もあるけれど、できるだけ公私のメリハリをつけて休めるときにしっかりと休む切り替えこそが仕事に好影響をもたらしてくれるもの◎

仕事のことを持ち込まずに没頭できるような趣味などを探してみれば、仕事に良い結果をもたらしてくれるはず!

まとめ

いかがでしたか?

仕事ができる人の特徴や習慣は、一見関係があるの?と思うようなものでも、すべて仕事ができる理由に繋がっていることがわかったはず!

キラキラとしてかっこいい憧れの「仕事ができる人」に近づくためにも、仕事ができる人の特徴や習慣を取り入れて、仕事ができない人の特徴や習慣を変えていくように意識してみてはいかが?

これであなたも、憧れのあの人に大きく一歩近づけるはずです◎

facebook
twitter