【Netflixおすすめ】洋画・邦画大特集!もう家で暇しない♡

【Netflixおすすめ】洋画・邦画大特集!もう家で暇しない♡

2020.04.16

57

映画を見る
映画を見る

全世界で1億5千万を超える登録者を誇る「Netflix」。 その人気の秘訣は、月額定額プランで数千~数万タイトルといった膨大な数の作品を好きなだけ楽しめるということ!

そこで今回は、膨大な数の作品のなかでも特におすすめしたい洋画・邦画を大特集しちゃいます♡ ホラーや恋愛など、今の気分にぴったりな作品がきっと見つかるはず! お家タイムはNetflixで、映画の世界にどっぷりと浸かってみるのもおすすめです◎

Netflixとは?

netflix
netflix

「Netflix」とは、月額定額で膨大な数の動画を好きなだけ見られる、サブスクリプションサービスのひとつです。 プランや月額定額料金は今後変更される可能性があるものの、現在のところ同時に見られる人数や動画の画質などによって3つのプランに分かれています。

また、Netflixはスマートテレビをはじめ、ゲーム機やモバイルアプリなど、対応するデバイスが多いのが特徴です。 そしてなんといっても、最大の特徴であり魅力なのがコンテンツの豊富さにあります!

コンテンツ数は常に変動しているため非公開となっているものの、映画からテレビ番組、子ども向けのプログラムなど、好きなだけ見られるコンテンツが数千~数万タイトル配信されています。 コンテンツのなかにはNetflixオリジナル作品も多く、高い評価を得ているため必見です!

Netflixおすすめ洋画5選

7月22日

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ZOLA aka koji(@zola1966koji)がシェアした投稿 -

ノルウェー連続テロ事件を題材にした実録ドラマ『7月22日』は、コメディではなく、重い題材や作品を好む方におすすめの洋画です。 2011年7月22日に起こったノルウェー連続テロ事件は、単独犯としては史上最多となる77人もの命を奪った事件であり、ニュースなどで記憶に残っている方も少なくないはずです。

そんな事件の実行犯であるアンネシュ・ベーリング・ブレイビクが、逮捕後に獄中や裁判において繰り返した発言なども、実録ドラマとして描かれています。 また、テロ事件の被害者となった若者やその家族たちにもスポットがあてられていて、彼らが苦悩しながらも正義を求めて歩きはじめるまでの姿も描かれています。 140分を超える大作ノンフィクション社会派映画であり、2018年には第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、高い評価を得ています。

マリッジ・ストーリー

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

着物リメイクのハリコ・クチュール(@harico_couture)がシェアした投稿 -

各映画祭でも高く評価された『マリッジ・ストーリー』は、ノア・バームバック監督が離婚劇をテーマに手掛けた作品です。 舞台演出家である夫チャーリーと女優の妻は、すれ違いから離婚を決意し、円満な協議離婚を望みます。 ところが、これまでの不満によって事態は泥沼の離婚裁判へと突入します。 そのプロセスを通して、自身を見つめ直したり子どもの未来を思ったりといったそれぞれの姿が描かれていて、見ているこちらまで考えさせられます。

家族との関係に感謝したくなるほか、離婚の話なのになぜか最後は結婚したくなるようなストーリー展開です。 アメリカの映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」でも、批評家スコア98%を獲得するなど、非常に高い評価を得ている作品であるため、要チェックです◎

ROMA/ローマ

Netflixオリジナル作品の『ROMA/ローマ』は、政治的混迷を極める70年代のメキシコを舞台に、コロニア・ローマ地区に住む中流家庭とその家で働く家政婦クレオの日常をテーマにしたストーリーです。 家政婦であるクレオをメインに、激動の時代に取り残された人々を力強く描いた感動作であるとともに、白黒の美しい映像を楽しめる作品に仕上がっています!

死を深く考えさせつつも最後は希望のある作品であるため、「生きるとはなにか」といったテーマをひとつの作品を通してじっくりと考えたい方にもおすすめです◎ Netflixオリジナルということで映画館では公開されない作品であるものの、なんとアカデミー賞で最多となる10部門にノミネートされたうえ、監督賞と外国語映画賞、撮影賞の3部門で受賞するなど、ネット配信映画で初となる快挙を成し遂げた作品でもあります!

アイリッシュマン

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kazuyuki22(@kazu_yuki27)がシェアした投稿 -

主演を努めたロバート・デ・ニーロやアル・パチーノをはじめ、多くの名優たちが50年代~70年代までを体現した『アイリッシュマン』は、マーティン・スコセッシ監督によるマフィアの伝記映画です。 ロバート・デ・ニーロ演じるフランク・アイリッシュマン・シーランは、全米トラック運転組合の一員でありながら、マフィアのドンであるラッセル・ブファリーノの犯罪に手を貸していた伝説の殺し屋でもあります。

手を貸した犯罪のひとつには、全米トラック運転組合委員長であったジミー・ホッファ暗殺も含まれているなど、まさにアメリカの裏社会史を描いた大作です。 マフィアの伝記映画としての見どころや魅力はもちろん、Netflixがお金をかけて完成させた最新のCG技術を楽しみたい方にもおすすめです◎

先に愛した人

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Haruhiro(@hahar_16)がシェアした投稿 -

日本では作品としてはまだそれほど取り上げられることのない同性愛をテーマにした『先に愛した人』は、ザ・アジアな雰囲気を感じ取れる台湾映画です。 ストーリーは、病気で亡くなった父に男性の愛人がいることがわかり動揺する息子と母親、そして愛人の男性といった3人の人間模様が描かれています。

子どものいる男性が「ゲイであること」をカミングアウトすることに対する葛藤をはじめ、当人が他界したことで、残された家族や愛人の男性が抱える気持ちのやり場がなくなってしまうといったリアルな現実を取り上げています。さまざまな感情がめぐるなかで、常に悲しみがこみ上げる3人の心に空いた穴が修復されていく過程もしっかりと描かれています。

 

Netflixおすすめ邦画3選

怒り

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryü(@ryu_film_)がシェアした投稿 -

Netflixの邦画では、吉田修一の小説をもとにした『怒り』がおすすめです。 李相日が監督、渡辺謙が主演を努めた作品では、東京の郊外で凄惨な殺人事件が起きた1年後に、身元不明の男が千葉・東京・沖縄と場所を変え現れ、それぞれの場で新たな人間関係を築いていくというストーリーが描かれています。

作品を通して「彼らの正体とは…」といった感情が湧き、特にラストに向けてはかなりハラハラするため、「刺激のある邦画を見たい!」という方にもおすすめです◎ また、森山未來や松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡など、豪華キャストの演技力が存分に発揮されているのも見どころです!

カメラを止めるな!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤本 創(@so.fujimoto)がシェアした投稿 -

2017年に公開された映画『カメラを止めるな!』は、SNSなどでも話題となったため知っている方も多いはず。 もともとは低予算のインディーズ映画として公開されたところ、SNSなどで反響を呼び、2018年に全国公開された作品です。 ストーリーは、自主映画の撮影クルーが山のなかでゾンビ映画の撮影をおこなっているところからはじまります。 監督がリアルさを求めるあまり要求はどんどんエスカレートしテイク数が重なるなか、本物のゾンビから襲撃されます。 大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、次々と撮影クルーはゾンビ化していく…といったストーリー。

前半と後半があり、それぞれ異なる構成が特徴であるものの、2018年公開時に「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」とキャッチフレーズをつけたように、一気にすべて見るのがおすすめです◎ 「ゾンビ映画は苦手…」という方にもぜひ見てもらいたいような笑える作品であり、最後のどんでん返しは必見です!

舟を編む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

岡田拓朗(Takuro Okada)(@taku_cinema)がシェアした投稿 -

37回日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞など6冠に輝いた作品『舟を編む』もNetflixで見てもらいたい邦画のひとつです。 玄武書房の営業部に勤めていた馬締光也は、独特の視点や言葉を捉えることに長けた能力が認められ、新たな辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に異動します。

個性的な編集部の一員となり辞書づくりに没頭する馬締光也が、辞書を完成させるまでに費やした15年にもの地道な編集作業が描かれています。 何かをやり遂げることのすばらしさを伝えてくれる映画だから、夢に向かって頑張っている方にはぜひ見てもらいたい作品です!

Netflix人気ホラー作品

It/イット "それ”が見えたら、終わり。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@hometheaterdrunkerがシェアした投稿 -

「たまにホラー映画が見たくなる!」なんてホラーが得意な方におすすめしたいのが、「It/イット "それ”が見えたら、終わり。」。 田舎町で相次ぐ児童の行方不明事件が起こるなか、少年ビルの弟が大雨の日に出かけた後、大量の血痕を残したまま行方不明に…。 自分を責めるビルの前に突如現れたものの恐怖に襲われながらも、同じように遭遇した人たちと手を組みながら立ち向かっていくストーリー。

ホラー作品でありながら、少年少女の成長を描いた青春映画としての見どころも揃っています! ただし、とにかく怖いため見る前にトイレを済ませておくのがベター◎ 「もう無理…」と思った方も、ラストには意外な感動が待っているため、最後まで頑張ってみて!

Netflix人気恋愛作品

キスから始まる物語

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MM405058688130(@2watch.xx)がシェアした投稿 -

やっぱり人気映画として外せないのが、ラブストーリーですよね! 『キスから始まる物語』は、恋愛まっただなかの方にもおすすめの人気恋愛作品です。 ジョーイ・キング演じるエルは、お祭りでチケットを購入すれば人気者とキスできるといったキスブースを出店することになり、前から気になっていたジェイコブ・エロルディ演じるフリンと偶然キスをすることに…♡

『キスから始まる物語』という題名のとおり、キスから一気に恋に落ちてしまったエルが抱える問題がひとつあり、それはフリンが親友の兄であるということ。 「親友の家族には手を出すな」という決まりを約束していたエルは、親友と好きな人に挟まれるといった恋愛ストーリー! 実際に主演の2人が付き合っていたということで、リアルな演技がより物語に惹き込まれてしまいます♡

まとめ

全世界で1億5千万人もの登録者を突破した「Netflix」では、数千~数万タイトルといった膨大な数の作品を月額定額でとことん楽しめます! 膨大な数を誇るタイトルのなかでも、1度は見てもらいたいおすすめの洋画・邦画作品をまとめてご紹介しました。 ホラーや恋愛、夢に向かって頑張っている人にぴったりな作品など、その日の気分にあわせて選べるセレクトにまとめているため、ぜひ参考にしながら作品選びも楽しんでくださいね♡

facebook
twitter

関連まとめ