【方法】脱二度寝!冬の朝でもすっきり早起き◎

【方法】脱二度寝!冬の朝でもすっきり早起き◎

2015.11.02

654

早起き 方法
ローラ (参照元: naverまとめ

「朝活」という言葉は知っていても、実行している人は少ないのではないでしょうか? 朝を有意義に過ごしたいと思っていても、早起きの習慣がなければそう簡単に起きられるものではありません。 特に冬には温かい布団から抜け出すことは至難の業です…(つ_-*)。οΟ

でも、今回ご紹介するちょっとしたコツをマスターすれば、朝型人間になることも夢ではありません。 今回は、絶対に早起きできる簡単な方法をご紹介します。 早起きしたいと思っていても、ついつい二度寝をしてしまう方にはぜひ読んでいただきたい内容です。

早起きのメリットとは?

毎日の活力がアップ

朝活
朝活 (参照元: boy.

そもそも人間が生きていくためには、睡眠は不可欠です。 でも、寝すぎて逆に1日中だるい思いをした経験はありませんか? 人間は、たくさん寝ればよいというわけではないのです。(`・ω・´)b 大事なのは、適度な時間でしっかりと睡眠をとることなんですよ♪

また、起床後の時間も1日を生産的に過ごすためには決定的に重要です。 頭をしっかり目覚めさせることができないと、その日1日をエネルギッシュに過ごすことはできません。 1日の活力を得るためには、しっかりと目覚めることが大事なのです。

毎日の生産性がアップ

冬 早起き
朝 早起き (参照元: ガールズスリズム

昔から日本では、「早起きは三文の徳」などと言われますが、その効果は多くの人が実感していることだと思います。 例えば、夜遅くに勉強や仕事をしてもなかなか進まなかったのに早起きして続きをやるとあっという間に済ませることができた、なんて経験は誰にだってありますよね。(σ・∀・)σ

早起きすると頭がクリアな状態にリセットされているので、生産性は大幅にアップします! ある調査によると、夜に比べて朝は作業の生産性がなんと6倍にもなるらしいのです! 単純計算すると、夜に1時間かかる作業が、朝早くにやれば10分で終わってしまう(・д・oノ)ノということです。 これは非常に大きな差ですよね。

早起きを習慣化することで、生産性をアップさせるだけでなく、1日の間でやれることも格段に増えます。 また、作業効率だけでなく、クリエイティビティも高まるらしいので、一石二鳥にも三鳥にもなります。 早起きのメリットを知ると、早起きしたくなりませんか?(´艸`)

早起きするだけでダイエット効果☆

カラダすっきりデトックス

ダイエット効果
ダイエット効果 (参照元: ウーリス

意外なことに、早起きはデトックスにもなります。 「デトックスタイム」という言葉もありますが、早朝から午前中は、体内が浄化される時間なのです。 午前中には、体内に余分に溜め込まれた脂肪や水分の排出が盛んになります。 この時間に起きて活動を開始し、適度な水分や食物繊維を摂取することで、老廃物の排出を促し、新陳代謝が活性化されます。 その結果、美容エイジングケアむくみの解消に効果が期待で切るのです。ヾ(*≧∀≦*)ノ

食事をコントロール

朝ごはん
おしゃれ朝ごはん (参照元: キナリノ

いつもは忙しくて朝食を摂っていないという方も多いですよね…(´・ω・`) しかし、早起きをすることで時間的な余裕ができるので、しっかりと朝食を摂ることができるようになります。 1日の始まりに身体をしっかり目覚めさせるという効果だけでなく、実はダイエットの効果もあるのです。ヽ(*´v`*)ノ ダイエットのためには食事をコントロールしていくことが必要ですが、朝食には消化されやすく低カロリーなフルーツがオススメ! 水分が多く食物繊維も豊富なので、デトックスにもつながります。

朝食で必要な栄養を摂ることで、基礎代謝量が増えることもダイエットに効果アリ♪ 一日の最初に、余裕を持ってしっかりと食事を摂ることができれば、血糖値や血圧の安定にもつながり、それが精神面の安定にも効果が期待できます。 さらに、精神面の安定は、無駄な間食をしないことにもつながるので、ダイエットの好循環には、朝の食事が大事なんです!

基礎代謝アップでぽかぽか

基礎代謝
基礎代謝アップ (参照元: naverまとめ

ダイエットには、カロリー制限や運動も効果的ですが、同時に基礎代謝を上げることも忘れてはいけません。 基礎代謝とは、何もせずにじっとしていても、生命活動を維持するために体内で自動的に消費しているエネルギー量のことです。 基礎代謝が高ければ、毎日エネルギーを多く消費することができるため、太りにくい体質になります。ヾ(*≧∀≦*)ノ

この基礎代謝は、午後よりも午前中の方が高く、中でも朝が一日のウチで最も高い時間帯になります。 お昼から夕方にかけて基礎代謝量は下がっていき、寝ている時間は一番少なくなります。 基礎代謝は、活動量によって変化しますが、朝は身体が眠りから目覚めるために多くのエネルギーを消費するのです。 この朝の基礎代謝が高い時間帯に活動を開始することで、ダイエット効果が見込めるというわけです。

絶対二度寝しない早起きのコツ

アラームは好きな音楽

テイラー
テイラースウィフト (参照元: jocee

どうしても二度寝してしまう方は、アラームが良くないのかもしれません。(σ・∀・)σ アラームには、テンション高めで、自分の好きな音楽を設定することがオススメ♪ そして、アラームがなる機械はできるだけ寝ている場所から遠くに置くようにしましょう。 寝ている場所のすぐ近くだと、無意識にアラームを止めてしまうこともあります。

アラームを設定する時間は、90分周期がコツ。 人間は90分おきに、深い眠りと浅い眠りを繰り返しているため、浅い眠りで起きやすい時間でアラームを鳴らすことで、気持よく目覚めることにつながるのです。

声を出す

早起き 冬
早起き (参照元: ring

朝起きてから、すぐに声を出してみましょう。 頭が目覚めていなくても、声を出すことで自然に活性化してきます。 また、朝起きる時間を声に出してから眠るという方法も効果があります。 どうしても起きなければいけない時間に、自動的に目が覚めたという経験はありませんか? 実は人間は、眠っていても脳は活動しています。(*_ _)。o○ 起きる時間を脳に無意識に設定しておくことができるのです。

早起きできた自分にはしっかりご褒美

ご褒美 スタバ
スタバ ご褒美 (参照元: 朝時間.jp

脳はご褒美が大好きです♪ そのため、頑張って早起きできたら、自分にご褒美をあげることで、勝手に早起きするように習慣づけることができます。 枕元に、自分の好きなものを置いておくなどというのも効果的。 オススメはビターチョコです。ミルクチョコレートなどの甘いチョコレートは眠気を誘う効果があるので、二度寝をしてしまう危険性も…(; ・`ω・´)

またカカオの成分は強壮剤として使用されるほど刺激が強いので、目覚めにも効果的。 単順に、おいしい朝ごはんをご褒美にするのでもいいかもしれませんね(´艸`)

夜のコンビニは禁止

コンビニ
コンビニ (参照元: ブログ

特に夜遅くまでお仕事をしている方にとっては、コンビニはまさに便利ですよね(*´艸`*)。 でも、夜にコンビニに行くのは、早起きにとってはマイナスの面が大きいんですよΣ(゚Д゚;/)/ まず、コンビニの中の光は非常に強いので、身体は日光を浴びた時のようにお昼だと勘違いしていまいます。 さらに、夜にお腹いっぱい食べてしまうと、消化が間に合わず眠りが浅くなってしまいます。

眠りが浅いと朝に起きられなくなるばかりか、朝食も食べられなくなりエネルギッシュに目覚めることができません。ヾ(・ε・。) 夜にお腹いっぱい食べることが習慣になっている人は、食事の量を減らすか、少し早めに食事をするようにすると良いでしょう。 寝る前は少し空腹くらいが、早起きにはベスト。 夜にコンビニに行かずに済むように、前もって買い物を済ませておくことも大事です。

日光を浴びて自律神経を刺激

朝日
朝日 (参照元: 不眠症改善ガイド

身体が目覚めるには、太陽の光がとても重要な役割を果たしています。 人間は、1日25時間の周期で動いています。 そのため、毎朝体内時計をリセットすることが必要なのです。 その体内時計をリセットする働きがあるのが、日光です。 日光は、自律神経を刺激します。 身体を短時間で一気に目覚めモードに切り替えてくれるので、一度日光を浴びてしまえば二度寝の心配はありません(`・ω・´)b 起きたらすぐにカーテンを開けたり、陽の光をあびることを習慣づけましょう♪

まとめ

いかがでしたか?そんなに難しい方法はなかったと思います。 夜型の生活から、いきなり朝方の生活に切り替えるのは、意外に簡単なんです。 しかも、仕事や勉強の生産性がアップし、ダイエットにも効果的で、精神的な安定にもつながるなど、早起きにはいくつものメリットがあります☆ ここで挙げた習慣をすべて実行するのは大変かもしれませんが、まず1つだけでもいいので、できるものからチャレンジしてみてください。 早起きのメリットを実感できれば、あとは自然と、楽に早起きできるようになるはずです♪

facebook
twitter