【ダイエット】コーヒー・お茶に含まれるカフェイン効果とは!?

【ダイエット】コーヒー・お茶に含まれるカフェイン効果とは!?

2014.09.10

868

コーヒでカフェイン取得

コーヒーを飲むのが日課という人も多いはずです。コーヒーに含まれるカフェインには、眠気覚ましの効果があることは広く知られていますよね!でも実はダイエットの効果もあるって知ってました!?コーヒーは女性の悩みを色々解消してくれる魔法の飲み物なんです(´▽`*)

ただたくさん飲めば効くというわけでもありません。正しいコーヒーの飲み方を知って、飲みながら痩せちゃいましょう!!

カフェインの効果

カフェインはコーヒーだけでなく、お茶やココアにも含まれています。カフェインがダイエットに効くというのは、どうしてなのでしょうか?

脂肪を分解しやすくする

カフェインには、リパーゼという酵素を活性化させる働きがあります。リパーゼは脂肪を分解してくれる酵素で、リパーゼの働きが鈍っているとなかなか脂肪が減りません。

さらにコーヒーの場合にはクロロゲン酸という成分も含まれています!これもカフェインと同じで、脂肪の分解を助ける働きがあるので、更なる効果が期待できます(^ω^)

血行促進やリラックス効果も

カフェインには代謝をよくする効果もあります。代謝がよくなると血行が良くなるため、肩こりやむくみ、冷え性など女性に多い悩みも解消されます♪またコーヒーの香りにはリラックス効果があるので、心を静めたいときにも最適なんです!!

おすすめの摂り方

運動の30分前に飲む

運動の30分前に飲むと、カロリーをエネルギーにしてくれる褐色脂肪細胞の働きが活性化するため、脂肪を燃やす効果がアップします。コーヒーを2杯飲んだ30分後に運動すると効果的(^^)

ブラックで飲む

砂糖を入れてしまうとカロリーがアップするだけでなく、カフェインの効果を薄めてしまいます。

注意すべきこと

飲みすぎは逆効果

どんな薬でも使いすぎたら逆効果になるように、カフェインも摂りすぎには注意してください。カフェインを摂りすぎると、体にカフェインの耐性ができてしまい、カフェインの効果が得られなくなってしまいます。。。また中毒性もあるので、日常的にカフェインを取っていた人が急にカフェインを取らなくなると、落ち着かなくなることも(・ω・`;)ノぁゎゎ

シミが発生しやすくなる

カフェインには本来一部分に集まっているメラニン色素を拡散させる働きがあります。メラニン色素の拡散は、年齢を重ねると共にシミになりやすくなります・・・

空腹時には飲まない

カフェインは神経に刺激を与えることで、眠気覚ましになる飲み物です。食事と一緒であれば食べ物がクッションになって刺激が和らぎますが、空腹時はクッションがないので胃が直に刺激を受けてしまいます(+_+)吐き気やめまいを起こす原因になるので、空腹時はカフェインのある飲み物は控えましょう。

まとめ

カフェインは適度に摂ることで、様々な悩みを解決してくれます。効果を持続させるには大体1日に5杯くらいの量で止めておき、効果がなくなってきたと感じたときには一旦摂取を止めるようにしましょう。上手くバランスを取って摂取すれば、カフェインはとても心強い成分です(^^)

facebook
twitter