【マツエク本数比較】初心者さん必見!マツエクの本数を徹底分析

【マツエク本数比較】初心者さん必見!マツエクの本数を徹底分析

2017.12.06

170

マツエクの本数を足していく様子
マツエク 施術

マツエク初心者さんにとって、マツエクの本数選びって難しいですよね?最近は、無制限つけ放題のメニューあるサロンも。

自分の好みで選ぶのもいいけど、人によって目の形はバラバラ。似合う目元になれる本数を知っておくことで、より可愛さがUPできちゃう(^_-)今回は、マツエクの本数の選び方をご紹介♡ぜひオーダーする時の参考にしてみて!

知っておきたいこと

知っておきたいこと

マツエク初心者さんは、まずマツエクの数え方を知っておくべき。何も知らずにオーダーしてしまうと、思っていた本数と違うなんてことも(>_<)

サロンの料金表に表示されている本数は、両目で表示されていることがほとんど。例えば、上まつ毛80本と表示されていたら、右目40本、左目40本付けるということ。片目だけではないので、要注意!

自まつ毛は片目平均90~100本

マツエクを付けられる本数は、自まつ毛の本数によります。マツエクは、自まつ毛に付けていくので、たくさんの本数を付けたくても、自まつ毛が少なければ希望どおりに付けることができないんです( ;∀;)

日本女性の自まつ毛の本数は、平均で片目90~100本と言われています。その場合、シングルラッシュ(自まつげ1本にマツエク1本を付ける技術)なら最大200本までOK☆

無制限付け放題とは?

無制限付け放題とは、マツエクの本数を無制限で付けることができるメニュー。魅力的に感じる無制限付け放題だけど、先にも言ったように自まつ毛の量で付けられる本数が決まるから限界があるんですΣ(゚Д゚)

自まつ毛が少ない人が無制限つけ放題をした場合、本数をたくさん付けることができません。そのため、本数を指定したメニューの方がお得です。 つけ放題をするのにおすすめなのは、自まつ毛が多い人でボリュームを出して、目元を派手に見せたいという人。自まつ毛が多くてもナチュラルが好きな人は、本数を指定したメニューが◎

ただし、マツエクの本数をたくさん付けると、重みで自まつ毛が下ってしまい、目が小さく見えるというデメリットがあるから要注意(>_<) 無制限の付け放題をする前に、カウンセリングで自分の理想のデザインを伝えて、自まつ毛の状態や付けられる本数など気になることをしっかり確認してくださいね(^_-)

本数の比較

片目30~40本(両目60~80本)

30本
片目30本

片目40本
片目40本

片目30~40本は、本数が少ないのでマツエクをしているというより、自まつ毛が増えたように見えます(*‘∀‘)

「すっぴんの時もナチュラルに見える方がいい」、「マツエクしていることをバレたくない」という人におすすめ♪ただし、とてもナチュラルなので、アイメイクをしっかりする人は物足りないかも(*_*)

目つきが悪くてきつく見られがちという人は、目尻側に30~40本付けると垂れ目に見え、柔らかい印象に☆

片目50~60本(両目100~120本)

片目50本
片目50本

片目60本
片目60本

片目50~60本付けると、アイライン効果が出てきます。すっぴんの時もメイクしているように見えるから、彼とのお泊りデートも安心♡

朝忙しくて、メイクが面倒という人はマスカラやアイラインなしでもいいので時短になりますよ♪奥二重や一重で目元をはっきりさせたいという人は、120本付けるのもおすすめ(^-^)

片目70~80本(両目140~160本)

片目70本
片目70本

片目80本
片目80本

片目70~80本は、つけまつ毛を付けたようなはっきりとした目元に仕上がります。ナチュラル感がないので、普段ナチュラルメイクの人がいきなり片目70本以上つけてしまうと違和感があるかも(;'∀')

ギャル系など派手めのメイクが好きな人、片目50~60本に物足りなくなった人におすすめ☆

片目85本(両目170本以上)

片目85本以上になると、自まつ毛のほとんどにマツエクが付いているということ。すごくボリュームが出て目立つから派手な印象になります。

お手入れのことなどを考えると、普段よりもパーティーや結婚式など特別なイベントがある時におすすめ(*‘ω‘ *)

注意点

本数別に仕上がりのイメージを紹介してきたけど、同じ本数を付けても仕上がりは個人差があります。また、付けられる本数も自まつ毛の本数や状態で違ってくるので、要注意!気になることがあれば、アイリストに聞くのがおすすめ(^_-)

本数が増えるほどまつ毛への負担も増える

仰向けになる
仰向けになる (参照元: unsplash

はっきりした目元にしたいからとたくさん本数を付けたくなりがちですが、マツエクの本数が増えるほど、自まつ毛への負担も増えることを覚えておいてください(・ω・)ノ まつ毛にも毛周期があり、1本1本周期が違います。まつエクは、「成長が止まったまつ毛」から先に付けていくことで、自まつ毛の負担を出来るだけ減らします。

しかし、成長が止まったまつ毛よりも多い本数のマツエクを付けると、成長途中のまつ毛にも付けなければいけません(。-`ω-) まつ毛に負担がかかると、新しく生えてくるまつ毛が弱かったり、生えなくなったりします。その結果、自まつ毛がまばらになってしまい、マツエクが付けられなくなる可能性もΣ(゚Д゚)

美しい目元をキープするために、マツエクのことだけじゃなく、自まつ毛のことを考えたオーダーをしましょう♪本数を選ぶ前にアイリストに自まつ毛の状態を見てもらえるから、アドバイスをもらうのがおすすめ(^_-)

参考サイト

まとめ

マツエクは、付ける本数でも目元のイメージを変えることができます。初めての時は、本数選びも難しく感じるけど、サロンスタッフのカウンセリングがあるから安心♡自分の目に合ったマツエクの本数を選んで、理想の目元を手に入れましょう\(^o^)/

facebook
twitter