【顔の黄金比】美人顔の条件は比率にあり!メイクで近づく理想の顔

【顔の黄金比】美人顔の条件は比率にあり!メイクで近づく理想の顔

2019.01.24

822

ブルーの瞳
ブルーの瞳 (参照元: unsplash

美人といって思い浮かべる人って、もちろんみんなそれぞれ違う顔なのに、美人顏で共通していますよね! そんな美人顏の条件となる「黄金比」をご存知ですか?

今回は、顔の黄金比について詳しくご紹介するとともに、黄金比をもとに美人顏に近づけるようなメイクのポイントもまとめてご紹介します◎ ぜひ、顔の黄金比を知って、メイクであなたも憧れの美人顏に近づいちゃいましょう♡

まずはあなたの顔を診断

スマホをチェック
スマホをチェック (参照元: unsplash

美人顔の黄金比を知る前に、まずは自分の顔を診断してみましょう! スマホカメラで撮影した写真を使って顔認識を行い、輪郭や目、鼻、口などの位置から顔の黄金比を診断できるスマホアプリが多数あります。

なかでも「美男美女診断」や「美顏診断+」、「何年に一度?美顔診断カメラ」などのアプリが人気なため、要チェックです◎

顔の黄金比って知ってる?

だーれだ目を隠す
だーれだ (参照元: unsplash

そもそも「顔の黄金比」ってご存知? 美人顏の人は、みんな似ている顔をしているわけではないけれど、この顔の黄金比によって美人顔だと判断されているのです。

実際に、人間は無意識のうちに顔の黄金比が示すある一定の法則に基づいて、美しいかどうかの判断をしているとされています。 この黄金比は、世界的に美人を割り出すときにも使われている考え方であり、3つの要素があります!

①顔全体のバランス
②各パーツの位置
③各パーツの大きさ

これら3つの要素それぞれにおける比率こそが、美人顏の条件なのです。

①美人顔の条件<顔全体のバランス>

ナチュラル美人
ナチュラル美人

まず1つ目の要素にある「顔全体のバランス」は、髪の生え際から眉頭の下、眉頭から鼻の下、鼻の下から顎先までの長さの比率が、1:1:1と同率が理想とされています。

また、顔の横幅が目の横幅の約5倍、さらに顔の横幅と顔の縦の長さが1:1.46というのが黄金比とされています。

②③美人顔の条件<パーツの位置と大きさ>

目力
目力 (参照元: unsplash

美人顏の条件として、パーツの位置が黄金比であることも欠かせません◎

(1)「目と目のあいだの長さ」と「目の幅」が同じであること
(2)小鼻の外側と目尻を結ぶ直線の延長線上に眉尻があること

これら2つの黄金比によって、美人顏かどうかが決まってくるのです!

目の位置と大きさ

美肌の女性
美肌な女性 (参照元: unsplash

顔の印象のなかでも大きな影響を与える目の位置は、「髪の生え際から目の真ん中」と「目の真ん中から唇の真ん中」の長さが1:1と同じ比率であることが、美人顏の条件です◎

また、目の横幅と目と目のあいだも1:1が黄金比。
目の大きさに関しては、「目尻から黒目の外側のあいだ」と「黒目の外側と黒目の内側のあいだ」、「黒目の内側から目頭のあいだ」の3つの距離が1:2:1の比率が、黄金比とされています。

ちなみに、日本人の平均的な目の比率は、1:1.5:1で、上記の黄金比と比べると黒目がやや小さめなのが特徴です。

美人の条件として、二重まぶたのほうが美人顏という意見もあるけれど、黄金比には実は一重か二重かは関係がないんです!

鼻の位置と大きさ

鼻
(参照元: unsplash

鼻にコンプレックスを持っている人も少なくないのでは? 一般的に彫りが深く、高い鼻のほうが美しいといわれているけれど、実は鼻には美人顏の黄金比はないんです!

理想的な鼻の形としては、美人横顔の基準としれ挙げられているのが、鼻と顎を結ぶラインのことをエステティックラインもしくはEラインと呼び、このラインの内側に口が収まっていることが、美人横顔の条件とされています。

眉の位置と大きさ

eybrow

顔の印象を決めるといっても過言ではないのが、眉ですよね! そんな眉における顔の黄金比は、「小鼻の外側」と「目頭」を結ぶ直線の延長線上に「眉頭」がくることが条件とされています。

ただし、ご存知のように流行りのある眉毛だから、黄金比通りにメイクをしても、残念ながら美人顔にならずに違和感が出てしまうことも…。 そのため、メイクにはトレンドを上手く取り入れながら調整することが大切です◎

口の位置と大きさ

上品な唇

口の位置と大きさに関する黄金比は、大きく2つ挙げられます。

1つ目は、鼻下と唇の中心のあいだが1:2であること。
2つ目は、唇の中心から顎までの間隔が、同じく1:2であることです。

また一般的には鼻の下から唇までの距離が短いほうが、親しみのわく可愛らしい顔といわれているものの、日本人に見られる比率は1:1で、鼻の下が長い傾向にあります。

顔の黄金比に近づけるメイク

シェーディングでしっかり立体フェイスを作り上げる

ハイライトとシェーディングが綺麗な女性
ハイライトとシェーディング

顔の黄金比に近づけるためには、化粧下地やコンシーラー、ファンデーションを使ってお肌を作り込み、さらにフェイスラインにシェーディングを入れて立体フェイスを目指しましょう♡

耳の部分から顎にかけてシェーディングを入れるほか、目頭を鼻に近づけて見せるように、眉下からノーズシャドウを入れていきます。 このとき、小鼻と鼻の側面部分にもシェーディングを入れることで、立体フェイスにより近づけるためお忘れなく◎

あとは、TゾーンとCゾーン、鼻筋、鼻下、顎にハイライトを入れれば、立体フェイスの完成です!

アイメイク

アイメイク
アイメイク (参照元: unsplash

黒目がやや小さめな日本人だから、顔の黄金比に近づくためには、アイメイクはポイントを押さえることがとっても大切◎

黒目をひと回り大きく見せるカラーコンタクトを使用する方法はあるけれど、黒目自体の幅を変えることはできないため、目尻から黒目の外側のあいだと、黒目の内側から目頭のあいだをメイクで調整し、狭くもしくは広く見せていくのがポイントです!

目尻か黒目の外側のあいだが狭い人であれば、目尻にオーバー気味にアイラインを引けば◎ また、目の縦の大きさを大きく見せるのに有効なのがマスカラで、上まつ毛にダマにならないように塗っていくのがコツ。 このとき、左右にマスカラを小刻みに揺らしながら塗ることで、ダマになりづらいためお試しあれ!

さらに、目を中心に寄せて幅を狭める場合には、アイラインを目頭から少しはみ出すように引き、滲みを防止するために何もついていないブラシでぼかしましょう! 使用するアイシャドウは、目頭を濃い目にグラデーションに仕上げるのがおすすめです◎

アイブロウ

アイブロウペンシル
アイブロウ

流行を取り入れながらメイクするのが大切なアイブロウは、まず眉山の位置を決めてから描き始めます。 眉山の位置は、小鼻と黒目の外側を結ぶ延長線上に決め、ラウンド形に描きます。

また、眉頭は黄金比に合わせ、下げて描き足すのがポイントです◎ さらに、眉毛が生えていない眉尻は、ペンシルを使って1本1本描き足すようにしながら細かく埋めていき、自然な眉毛に仕上がるよう、スクリューブラシでぼかしながら毛の流れを整えれば完成です。

より優しい印象のアイブロウに仕上げたい場合には、眉の流れに逆らって眉マスカラを使うのがおすすめ!

リップメイク

発色の良いリップ

リップメイクは、顔の黄金比に従って、まずは足りない部分をリップライナーで描き足していきます。 このとき、上唇と下唇の厚みのバランスが、1:1.5になるよう、上唇はオーバーリップに描き足すのがポイントです◎

なお、鼻の下から唇までの距離が広い人や、唇のラインから顎までが広い人も、上唇からはみ出すぐらいオーバー気味にリップをのせていくと、美人顏に近づけます♡

参考サイト

まとめ

無意識に美人だなと思う背景には、顔の黄金比が示す一定の法則があったことに驚かされた人も多かったはず! でも確かに、美人顏の人ってみんなそれぞれ違うのに美人という点で共通していますよね。

今回ご紹介した、顔の黄金比と、黄金比に基づくメイクのポイントを参考にしながら、ぜひあなたの顔のバランスから黄金比に近づけるメイクで美人顏に近づけちゃいましょう♡ メイクってすごい!と改めて感動させられちゃうこと間違いなしです◎

facebook
twitter