【目の下のクマ】さよならコンシーラー!目の下のクマを治す方法

【目の下のクマ】さよならコンシーラー!目の下のクマを治す方法

2018.12.07

36

ダブルオッケー
ダブルオッケー

年齢が出やすいからこそ、しっかりとしたケアが必要な目元。 加齢も1つの原因である目の下のクマは、血行不良や色素沈着といった様々なことが原因です。

いつもはコンシーラーを使ってクマを隠しているけれど、どうしても厚塗りになってしまいがち…と悩んでいる人、必見! 目の下のクマができてしまう原因をはじめ、改善方法をご紹介します。

ぜひ、ご紹介した方法で、コンシーラー要らずの綺麗なお肌を手に入れちゃいましょう!

目の下のクマの原因

血行不良による青クマ

目尻の皮膚を横に引っ張ったときに、目の下のクマが多少薄く見えるのが「青クマ」。 目の下の滞った血液が透けて青黒く見えるのが特徴で、子どもの頃からよく見られるクマだからこそ、長年悩まされてきた…という人も多いはず。

そんな目の下の黒クマの原因は、スマホなどによる目の酷使や寝不足、身体の冷え、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

なかには、遺伝によって小さな頃から青クマに悩まされている人もいるほか、目の疲れや寝不足になるとさらに目の下のクマが濃くなって目立ちやすくなるのが特徴です。

特に、目のまわりにはたくさんの毛細血管が通っており、ほかの部分よりも皮膚が薄いため滞った血液が透けて見えやすく、目立ってしまうのです。

色素沈着による茶クマ

目の下のシミやくすみが集まって、クマのように見えるのが特徴の「茶クマ」。 主な原因は紫外線によってできてしまったシミや、乾燥などによるお肌のくすみのほか、目元をこすり過ぎてしまうなど、摩擦による色素沈着などが挙げられます。

つい目元をこすってしまう癖のある人や、アイメイクなどを落とすときやマッサージをする際に、つい力を入れてゴシゴシこすってしまうという人は、要注意です!

たるみによる黒クマ

皮膚がたるむことで、目の下に影ができ、クマのように見えるのが特徴の「黒クマ」です。 年齢を重ねるにつれて、お肌にあるはずのコラーゲンが自然と減ってしまうため、皮膚が薄くなると同時に皮膚が下がってきてしまいます。 そんな皮膚のたるみが、黒クマの原因でもあるのです。

青クマの改善・解消方法

マッサージ

顔マッサージ
マッサージ

血行不良が原因でできる「青クマ」を治す方法として、必ず押さえておきたいのが、原因である目の下の血行不良を改善すること。 血行不良改善に効果的な方法として、マッサージが挙げられますが、乾燥した状態でマッサージを行うと摩擦による刺激で色素沈着が起こり、茶クマやくすみの原因に繋がってしまうため要注意!

摩擦を起こさずにマッサージをするために、クリームや美容液などを使用するのがおすすめです◎ マッサージ方法は、まずまぶたと目の下数カ所にパール小粒ほどのクリームをのせていきます。 目頭から目尻へ向かって優しくマッサージをしたあと、目尻からこめかみに向かってリンパを耳の後ろまでしっかりと流します。

マッサージをするときに、手の指全体を使って目元を包み込むように密着させれば、クリームや美容液の浸透性を高める効果まで得られちゃいます◎

冷え対策

冷え対策
冷え対策 (参照元: unsplash

血行不良の原因ともなる、冷え対策も欠かせません! 冷えたものを摂らないだけでなく、冬に暖め過ぎて自力で温める力を失ってしまわないよう要注意。

また、お風呂で身体を温めるよりも、筋肉をつける運動を行うなど代謝を高めることで身体の内側からしっかりと冷え対策をすることが大切です◎

蒸しタオルでホットパック

蒸しタオル
蒸しタオル

血行不良の場所は、しっかりと温めてあげることが重要。 そのため、濡らしたタオルを500Wのレンジで1分温めて蒸しタオルを作って、目のまわりを10分ほどゆっくりと温めるのが効果的です!

市販のホットマスクならより簡単にできるうえ、ホットパック後にマッサージをすればより効果的です◎

茶クマの改善・解消方法

美白成分のある化粧品でケア

美白化粧品
美白化粧品

シミや色素沈着と同じメラニン色素が原因となっている「茶クマ」の場合、メラニン色素の抑制や排出効果のある美白ケアやピーリングがおすすめ◎ ただし、目のまわりは特に皮膚が薄くて乾燥しやすいため、お肌への刺激が少ないものはもちろん、高保湿のものを選ぶことが大切です。

美白ケアであれば、メラニンの生成するもととなるチロシナーゼの働きを阻害するアルブチンや、チロシナーゼを抑制しつつメラニン色素の還元効果が期待できるビタミンC誘導体の配合されているクリームや美容液が◎

特に、目のまわりの気になる部分をピンポイントでしっかりとケアできるよう、クリームタイプや美容液タイプのものがおすすめです!

ピーリング

美肌
ピーリング

目をこするクセが原因で目の下のクマができてしまっている人は、シミの一種である炎症性色素沈着を起こしてお肌がくすんでしまっている場合が多いため、ピーリングを取り入れるのが効果的です!

とはいえ、ピーリングの刺激が不安…という場合には、お肌への刺激が少ないフルーツ酸であるAHAが配合された、洗い流すタイプのピーリング化粧品から始めてみるのがおすすめです。

紫外線対策

腕と日焼け止め
肌と日焼け止め (参照元: Girly Drop

紫外線が原因で色素沈着が進みクマになってしまった…という場合、日焼け止めはもちろん、ファンデーションやサングラスなどを使って、さらに徹底した紫外線対策をするのが効果的です。 なかでも、最近では「飲む日焼け止め」といった日焼け止めサプリメントも市販されているから要チェック♡

特に、ビタミンC配合の日焼け止めを選べば、UVケアはもちろん美肌ケアも同時に行えるためおすすめです!

黒クマの改善・解消方法

エイジングケア

黒クマを治す方法として欠かせないのが、エイジングケア! お肌の弾力をキープしてくれるコラーゲンやエラスチンの強化にも効果的なエイジングケアだからこそ、集中的に行いたいもの◎

コラーゲン増加に効果的なレチノールや、コラーゲン増加や抗酸化作用促進作用を持つナイアシン、シワや毛穴に有効なビタミンC誘導体といった有効成分配合のものを選びましょう!

眼輪筋トレーニング

たるみは、そもそも眼輪筋の衰えが原因となっているため、目のまわりの筋肉を鍛えることが有効です。 ただし、即効性はなく、続けることで効果が得られるため、とにかく継続して行うことが大切です◎

【目ギュッと瞬きトレーニング】
① まず目をギュッと閉じ5秒間そのままキープする
② 目を思いっきり見開いた状態で5秒間キープする
③ ①と②を5セット行う

【八の字トレーニング】
① ∞を描くように、両目を回す
② 時計回りと反時計回りを5セットずつ行う

【上がり目・下がり目トレーニング】
① 目尻を上方に引っぱって目を閉じる
② そのまま5秒間キープする

どれも簡単にできる眼輪筋トレーニングだからこそ、ぜひお試しあれ♡

参考サイト

まとめ

いかがでしたか?
これまではとにかくコンシーラーでクマを隠すことばかり考えていたけれど、コンシーラーで隠すとどうしても厚塗りになってしまう…と悩んでいた人も、目の下のクマの原因を知ることで、根本から治す方法が見えてきたはず◎

これであなたも、コンシーラー要らずの目元に近づけること間違いなし♡ ぜひ、今日から様々な対策で目の下にあるクマを治しちゃいましょう!

facebook
twitter