【女子から】告白の仕方はLINE?直接?高校生から大人まで必見♡

【女子から】告白の仕方はLINE?直接?高校生から大人まで必見♡

2021.02.15

108

ラブレター
ラブレター

「告白したいけど伝え方がわからない…」「告白しても絶対振られるだけ…」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。実は女性からの告白を待っている男性は、意外と多いです!

今回は女性からの告白方法や成功率を上げるコツを紹介します。初めて告白する方や告白方法に悩んでいる方は必見です♡

告白の仕方には4パターンある♡

気持ちが伝わる「直接告白」

話すカップルの影
話すカップルの影

「告白=直接会って思いを伝える」というのをイメージする方が多いのではないでしょうか。

直接会って告白する方法のメリットは、相手に気持ちが伝わりやすいということです。相手の目を見て告白することで、真剣さも伝わります。

相手をドキッとさせる工夫もできるかもしれません。例えば軽くボディタッチをしたり、手を繋いだり。少し大胆ですが、軽く抱きついてみるのも効果的かも♪相手がドキッとすれば、より意識してくれるかもしれません。

つまりその場の流れや雰囲気に合わせて行動ができるので、成功させるための工夫ができることになります。

デメリットは、直接好きな人を目の前にすると、とても緊張してしまうこと。伝えたい言葉を忘れてしまったり、何を言ってるのか自分でもわからなくなってしまうという可能性があります。

直接告白するのに勇気が出ない時は「電話で告白」

ベッドでスマホをいじる女性L
ベッドでスマホをいじる女性L

直接会って伝えるのが恥ずかしい場合は、電話での告白がおすすめ♪

電話で彼がキュンとするポイントがあります。それは「声の可愛さ」です。電話越しの女性の声は、通常の何倍も可愛く聞こえるそう。

男性は女性に甘いセリフを言われたい願望が、誰しにもあります(笑)そのため女性の可愛い声で「好き!」と言われると、ドキッとするはず…♡

電話だと時間をうまく利用することもできます。夜の落ち着いた時間に告白されると彼の気持ちも盛り上がります。時間帯は22時〜0時頃だと、相手の迷惑にもならないでしょう。

デメリットは、相手が「告白は直接会って伝える派」と考えている人の場合です。男性によっては、少しガッカリされてしまうことがあるかもしれません。

丁寧さが伝わる「手紙で告白」

手紙
手紙

今は連絡手段がLINEやメール・電話が主流になっていますが、あえて手紙で気持ちを伝えるという方法もあります。

手紙で伝えることで、丁寧さや彼を好きな気持ちを感じてもらえるはず。さらにメールと同じで、自分が納得できるまで書き直せるのがメリット。手紙で告白する人は少ないため、ずっと彼の心に残る告白になるかも♡

デメリットは、相手が重く受け止めてしまう可能性があることです。手紙で告白する人は少ないためからこそ、「ちょっと重たいな…」と感じてしまうかもしれません。そのため、何枚にも渡る長文の手紙は避けた方がいいでしょう。

伝えたい言葉を完璧に伝えられる「LINEで告白」

ハートが飛び交うLINE
ハートが飛び交うLINE

連絡手段の主流となっているLINEですが、告白手段として活用する方も増えています。

メリットは、メールや手紙と同じく、自分が納得いくまで書き直せることです。告白の文章って、どんなことを書いたらいいか迷いますよね…。LINEであれば下書きができたり、好きなタイミングで告白することができます。

デメリットは、本気度が伝わりにくいことです。手軽に伝えられるツールであるため、冗談なのか本気なのかが伝わりにくい場合があります。

文面だけだと、感情が伝わりにくいということです。LINEの会話のように、ポンポンと送るのは避けた方が◎。

LINEでの告白の仕方のポイント♡

長すぎず短すぎず!

スマホの画面
スマホの画面

LINEは短い文章で送ることが多いと思いますが、告白の場合、ある程度長さがある文章の方が気持ちが伝わりやすいです。かといって、長文すぎるのは重く感じてしまうかも。

LINEを送る前に、自分で声に出して読んでみるのがおすすめ!読んでみて、短すぎたり長すぎたりしないか、また相手が不快に思うような文章ではないかを確かめてみましょう。

手紙よりLINEの方が読みやすいため、「手紙だと重い…」「長すぎる文章を読むのが苦手」という男性にも好評です。

相手の好きなポイントを挙げる!

ハートお花
ハートお花

彼の好きなところを伝えるのも一つです。

直接会って、好きなところを伝えるのって結構勇気がいりませんか?しかも緊張して上手く伝えられない可能性も…。そんな時こそLINEを活用しましょう♡

LINEであれば、あらかじめ文章を考えておくことが可能。じっくり彼の好きなところを考えることができますよ!しっかり相手に伝えることで、説得力も増します。

LINEで告白することにした理由も伝える!

スマホを持つ女性
スマホを持つ女性

なぜLINEで告白したのかの理由を伝えるの大切です。男性の中にはなぜ直接告白してくれなかったのか疑問に思う人もいます。

「緊張して上手く話せないからLINEで言うね」「今気持ちを伝えたくなってしまった」などの理由を伝えましょう。

前向きな理由であれば、彼も納得して、告白を喜んでくれるはず…♪

告白するときに大切な3つのポイント♡~タイミング編~

昼より夜の告白が◎

夜景をバックにキスをする身長差カップル
夜景をバックにキスをする身長差カップル

告白を成功させる上で大切なのが「告白のタイミングをしっかりと見極める」ことです。

彼に告白をするときは、昼間よりも夜がおすすめ!夜の方が、告白の成功率が高いと言われています。なぜなら夜は気分が安らぎ、リラックスモードに切り変わっているから。

身体や脳がリラックスしている状態の方が、言葉も入ってきやすくなります♪

高校生・大学生のおすすめの告白のタイミング

カップル
カップル

高校生や大学生であれば、学生ならではのタイミングでの告白をしてみましょう♪

まずはクリスマスやバレンタイン、花火大会などの定番イベント。そして修学旅行や夏休み、体育祭、文化祭などの学校行事の前がおすすめです。

イベントの前は、ワクワクして、皆が盛り上がっているタイミング。そして「彼女がいたらもっと楽しめるのにな…」と思っている男性も意外と多いです!

そのため彼の気持ちが盛り上がっている時に告白すると、告白が成功しやすくなることがあります♡

大人のおすすめの告白のタイミング

パソコンを触る女性
パソコンを触る女性

社会人になると仕事が優先になるため、彼の頭も仕事でいっぱいになっているはず。そのため仕事が一段落ついたタイミングでの告白がおすすめ。

プライベートのことを考える余裕が出てくるため、告白も受け入れられる可能性が高くなるはず♡

仕事が上手くいっているとプレッシャーから解放されると同時に、自分に自信がついて恋愛に前向きになる男性が多いです。

彼が「今の自分なら恋も上手くいく気がする」という気持ちになり、告白が成功しやすくなるかもしれません。

場所編

お台場の夜景L
お台場の夜景L

告白をする時は場所もこだわりましょう。開放的な気分になれる場所を選ぶことをおすすめします♪

夜景などが見える景色が良い場所は、心がリラックスし開放的な気分になることができます。お互いにリラックスした状態で告白できるため、おすすめです。

他にも景色だけでなく、二人が落ち着ける場所だと、リラックスして告白できるためおすすめです。

セリフ編

お花でLOVE
お花でLOVE

告白で大切なことが「相手に気を使わせない」ということです。

告白する時に、相手に気まずさや不快な気持ちを与えてしまうと、今後二人の関係に影響が及ぶ可能性があります。

相手に気を使わせないポイントとして、重くなりすぎない言葉で伝えることを意識しましょう♪例えば「彼の好きなところ」と「付き合うことができたら嬉しい」という2つに絞って伝える方法です。

長々と気持ちを伝えられても、相手の頭がパンクしてしまいます。「好き!」というストレートな言葉を伝えてくれる人の方が好印象です♡

告白する時に気を付けたいこと♡

洋服にもこだわる

ワンピースをなびかせる女性
ワンピースをなびかせる女性

告白する時は、ファッションにもこだわりましょう。事前に相手のファッションの好みをさりげなくチェックしておくのがおすすめ♡

「あなたのために可愛くしてきた!」という気持ちを、さりげなく伝えてみるの一つの方法です♪普段と違う服を着て、ギャップを出す方法もおすすめ。

普段はカジュアル系・ボーイッシュ系なら、ワンピースやスカートで女性らしさを。 逆に普段はガーリー系なら、色をモノトーンにまとめたり、露出は控えたファッションなどにすると◎。

普段と違う一面に、相手もドキッとするはず…!

匂いにも気を遣う

可愛い香水
可愛い香水

「いい香りがする女性が好き」という男性が多いです。そのため香水などをつけていくのも効果的。嗅覚を刺激することは、目で見て見て感じる感覚よりも届くのが早いと言われています。

香水は甘すぎない香りの物を選び、首筋や耳の裏側に軽くつけるのがおすすめ。香水は肌につけた後、3段階に香りが変化すると言われています。大体30分〜1時間後に香水本来の香りがするそう。

告白前は、時間を逆算して香水をつけることで、告白の成功率が上がるかもしれません。

直接告白する場合相手の目をしっかり見ること

上目遣いの女性
上目遣いの女性

真剣な話をしているのに、目が合っていないと「本当に伝える気があるのかな?」と思ってしまいませんか?

「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、緊張で上手く話せなかったとしても、目を見ることで伝わるものがあるはず。

真剣さを感じられるので「好き」と伝える時は、緊張していても相手の目を見ることを意識しましょう。

まとめ

女性からの告白方法や成功率を上げるためのポイントを紹介してきました。

どんな方法であっても、告白された側は嬉しいものです。昔は直接会って告白するのが当たり前という考えでしたが、今はメールやLINEなど便利なツールがあります。

自分が伝えやすい方法や、相手からするとどんな告白方法が良いかを考えた上で、告白してみましょう♪

facebook
twitter