【治し方】気になる赤ら顔に効くおすすめの化粧水7選

【治し方】気になる赤ら顔に効くおすすめの化粧水7選

2021.06.12

43

綺麗な肌の女性
綺麗な肌の女性

赤ら顔は、敏感肌やニキビ跡などのさまざまな原因によって引き起こされるもの。

女性の場合はいちいちメイクに気を遣ったり、男性であれば人から何か言われたりすることを気にするのも面倒ですよね。

そこで今回は、赤ら顔について、治し方や原因をはじめ、ドラッグストアでも購入できる、赤ら顔に適した低価格の化粧水も紹介します!

赤ら顔で悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

赤ら顔とは?

女性の肌
女性の肌

赤ら顔とは、毛細血管が肌の表面に見えることで、全体が赤くなっているように見える状態を指します。

体には毛細血管が張り巡らされており、皮膚表面にも存在するため、皮膚の最も外側にある表皮を通して見えてしまう場合があるのです。

赤ら顔の原因は複数ありますが、敏感肌・乾燥肌のように、肌が弱い人の場合には皮膚が炎症を起こしてしまうことで、赤ら顔になりやすくなることが挙げられます。

また、ニキビ跡のように、皮脂が炎症を起こすことによって赤ら顔になるケースも。

遺伝的に表皮が薄いという人もいるのですが、彼によって皮下脂肪が減少し、毛細血管が見えやすくなることもあります。

表皮の薄い顔に起きやすいというのが、赤ら顔の特徴です。

赤ら顔の主な原因とは?

肌への強い刺激

敏感肌L
敏感肌L

赤ら顔の主な原因となり得るものについて、見ていきましょう。

洗顔やクレンジングの際に、ゴシゴシと強くこすってしまったり、ピーリングなどのケアを行いすぎたりすることで、肌に強い刺激が加わります。

そうなると、肌が少しずつ薄くなってしまい、下に流れている毛細血管が透けて見え、赤ら顔になることがあるのです。

ニキビやニキビ跡

顔色を見るL
顔色を見るL

生理前やストレスを感じたときなどに、ニキビができやすくなるという人は多いですよね。

実はこのニキビの炎症やニキビ跡も、赤ら顔に見えてしまう原因の1つです。

特に、大人ニキビは一度できると治りづらく、しばらく残ってしまっているという人もいるのではないでしょうか。

ニキビ跡になってしまうと長期間肌に残り続けるため、注意しなくてはなりません。

敏感肌

肌の綺麗な女性の横顔
肌の綺麗な女性の横顔

少しの刺激でも肌にピリピリと痛みを感じたり、痒みを感じたりしてしまう人は、敏感肌だと言えるでしょう。

敏感肌の場合、肌の表面にある角質層の水分量が少なくなるため、肌のバリア機能が低下している状態です。

さらに、角質層自体が薄くなっていることもあって、皮膚の下の毛細血管が透けて見え、肌が赤くなることもありますよ!

赤ら顔の改善方法

優しいスキンケアを心がけよう!

洗顔
洗顔

赤ら顔の原因が分かったところで、次は改善方法を紹介します!

いくつか改善方法がありますので、自分ができるところから少しずつ取り組んでみてくださいね。

まず1つ目は、優しいスキンケアを心がけるということです。

赤ら顔を防ぐためには、強い刺激や摩擦を与えてしまうことを避けなくてはなりません。

クレンジングや洗顔時には、極力肌をこすらないように注意し、ソフトな力加減で洗い流すことが大切です。

赤ら顔が気になるときには、ピーリングなどのスペシャルケアもお休みして、肌をしっかり休ませてあげるようにしましょう!

化粧水でたっぷり水分を与えて、乳液やクリームで油分を補ってあげる基本的なケアを、丁寧におこなうことが重要です。

生活習慣を見直そう!

伸びをする女性 ワキ
伸びをする女性 

赤ら顔を改善するには、生活習慣の見直しも大切です。

つい夜更かしをしてしまったり、休日に寝だめをしたり、インスタント食品で過ごしたりということがあるかもしれません。

このような生活は一時的であれば大丈夫と思うかもしれませんが、そういう考えに至るときに限って、頻繁に続けてしまうものですよね。

しかし、生活習慣の乱れはホルモンバランスに悪影響を与え、赤ら顔の症状が重くなってしまうこともあります。

赤ら顔の重症化を防ぎ改善していくためには、たっぷりと睡眠をとって、栄養バランスの良い食事を心がけるようにすることが大切ですよ!

肌に当たるものに気を付けよう!

ケア 洗顔料
ケア

特に敏感肌が原因で赤ら顔になっている場合、スキンケア方法や化粧品だけではなく、身の回りのものにも意識を向けてみましょう!

たとえば、髪に使用しているワックスやスプレー、オイルなどをつけたあと、その手で肌を触ってしまい、痒みや赤みの原因になることもあります。

赤みが酷いと感じるときには、整髪料の使用は避けて、髪が肌につかないようにまとめるなどの工夫が必要です。

枕カバーやタオルなども、1日1回取り換えることで、清潔を保持しましょう。

ドラックストアでも手に入る!赤ら顔に効くおすすめの化粧水

キュレル 潤浸保湿 化粧水 III

ドラッグストアでも手に入れることができる、低価格で購入しやすい、赤ら顔に効果が期待できるおすすめの化粧水を紹介します。

まずは、キュレル「潤浸保湿 化粧水 Ⅲ」です。

敏感肌・乾燥肌などの赤ら顔の原因をケアすることができるキュレルの商品。

有効成分として、炎症鎮静・抗刺激・抗アレルギー作用がある、アラントインを配合している医薬部外品です。

香料や着色料を配合せず、肌にやさしく敏感肌の人も使用することができます。

優しさにこだわった商品で、角層までしっかり浸透して潤いで満たし、乾燥・肌荒れを防いでくれますよ!

【参考価格】
1,380円

日本酒の化粧水 高保湿

「日本酒の化粧水 高保湿」も、おすすめできる化粧水です。

日本有数の日本酒メーカーである菊正宗が手がけている、スキンケアラインの商品。

こちらの化粧水には、日本酒一升分のアミノ酸が凝縮されているため、乾燥により顔がヒリヒリしたり、赤くなったりしてしまう場合におすすめです。

菊正宗の化粧水は2種類ありますが、おすすめは高保湿のタイプ!

セラミドに加えて、保湿成分としてアルブチン・プラセンタエキスなども配合されており、保湿へのこだわりが強い商品と言えます。

【参考価格】
680円

ナチュリエ ハトムギ化粧水

ナチュリエの「ハトムギ化粧水」は、ニキビなどが原因で赤ら顔になっている人におすすめしたい商品。

配合成分の天然ハトムギエキスには、高い保湿効果と整肌作用があるため、肌荒れを予防できます。

香料や着色料なども使用せず、肌に優しい配合になっている点も魅力的。

さっぱりとしたテクスチャーになっているため、背中などべたつきが気になるケアにもおすすめできますよ!

500mlの大容量で1,000円以下という、コスパも最強の化粧水なので、ケチることなくたっぷり使えて便利です。

【参考価格】
900円

FANCL エンリッチ 化粧液 Ⅱ しっとり

FANCLの「エンリッチ 化粧液 Ⅱ しっとり」は、赤ら顔におすすめの保湿ケアアイテム。

独自に開発されている高い保湿力をもった適応型コラーゲンαが、ふっくらとハリのある肌に導いてくれます。

劣化しやすいコラーゲンに働きかける作用がある成分も配合しているため、新鮮なコラーゲンを常にキープすることができるのです。

また、肌への刺激になってしまう成分は使用しない無添加処方なので、敏感肌にも優しいです。

赤ら顔はもちろん、乾燥による肌トラブルで悩んでいる人にもピッタリのアイテムと言えるでしょう。

【参考価格】
1,500円

ドクターシーラボVC100エッセンスローションEX

ドクターシーラボ「VC100 エッセンスローションEX」は、角質層への高い浸透力をもったビタミンCと、浸透発酵コラーゲンを配合している化粧水。

肌のトラブルを回避したいエイジングケアにも適しています。

赤ら顔の原因となる乾燥を防ぎ、肌荒れ予防などに徹底アプローチ!

44種類ものアシスト成分が、肌の引き締め・ツヤ・潤いなどに働きかけてくれますよ!

香料やパラベン、アルコールなどを使っておらず、肌の力が弱まりがちな年齢肌にも適した処方が魅力です。

【参考価格】
5,170円

肌ラボ(HADALABO) 極潤 ヒアルロン液

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@yonna1818がシェアした投稿

肌ラボ「極潤 ヒアルロン液」は、乾燥による赤ら顔をケアできる化粧水。

低価格にもかかわらず、保湿成分である加水分解コラーゲン酸やアセチルヒアルロン酸Naを配合しています。

透けて見えていた血管を目立ちにくくしたり、プチプラで赤ら顔を改善したいという人にはピッタリです。

こちらも無着色・無香料・アルコールフリーの化粧水なので、敏感肌でも安心!

【参考価格】
1,370円

素肌しずく ぷるっとしずく化粧水

素肌しずく「ぷるっとしずく化粧水」は、荒れてしまった肌にも優しい化粧水。

着色料や鉱物油を配合せず、添加物の刺激がない化粧水であるため、肌荒れが気になる人も利用しやすいです。

しっとり潤いを与えて、使い心地もよく、ジェル状のテクスチャーなので潤い効果も◎。

ぷるんと濃厚な化粧水がスーッと馴染み、肌の潤いをしっかり長時間守ってくれます。

【参考価格】
1,078円

まとめ

今回は、赤ら顔に悩む人に向けて、赤ら顔になってしまう原因や対処法、赤ら顔に効果的な化粧水を紹介しました。

肌の状態を急激に改善することは難しいですが、生活習慣や身のまわりのものを意識するだけで、少しずつ改善していくことは可能です。

いつものスキンケアを見直し、赤ら顔を改善するためにできることはあるかどうか、この記事をみながらチェックしてみてくださいね!

そして可能であれば、今回紹介したような化粧水にシフトしてみることをおすすめします。

気になる肌の状態を改善すべく、できることから始めてみましょう。

facebook
twitter