【健康】本当に恐い・・・みんなが気づかないスマホ症候群とは?

【健康】本当に恐い・・・みんなが気づかないスマホ症候群とは?

2014.05.24

519

sumaho1
日経ウーマンオンライン (参照元: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120419/122821/03.jpg

今や老若男女問わず、多くの人が利用しているスマホ。実はスマホが普及してから”ある症状”に悩む人が多くなったのだとか。



それは猫背。スマホを長時間使用することによって引き起こされる、「スマホ症候群」のひとつです。
​ 「別に猫背くらい…」そう思った方はいませんか?実は猫背は、健康や美容にさまざまな悪影響を及ぼす危険な症状。重大な病気を引き起こす危険性もあるのです。これを読んで、今すぐ猫背を治しましょう!

スマホと猫背の関係―キーワードは「ストレートネック」

スマホを使う姿勢は、意識しない場合は大抵下向きですよね。実は、長い時間下を向いた状態でスマホを使用していると首が前に傾いて、首のカーブが失われてしまいます。これがストレートネックと呼ばれる状態。本来備わっている「首の生理的な前へのカーブ」が失われ、まっすぐになってしまうのです。​猫背は、このストレートネックと深く関係しています。
​女性は男性に比べ首の筋力が弱いため、ストレートネックになりやすいと言われています。日中のデスクワークやパソコンの使用などで負担が掛かった首に、電車の中や休憩時間でのスマホ使用。これでは症状は悪化するばかりです。

肩こりに頭痛、ホルモンバランス……猫背による悪影響

猫背による悪影響は多岐にわたります。
肩こりや頭痛はその代表格。それに加え、猫背の姿勢を取ってばかりいる人は体内のストレスホルモンが増加するのだそう。その結果、さまざまなストレスに対する耐性そのものが弱まってしまうのです。
​更には首の神経が圧迫されることによって、脳梗塞やクモ膜下出血といった重大な病気が引き起こされてしまう可能性も。猫背なんて大したことない、と思われている方は要注意です。

猫背は美容にも大敵!

体が前のめりに丸くなる猫背は、美容にまで悪い影響を及ぼすことをご存知でしたか?
まずはバスト。上体が丸まった姿勢によって、垂れやすくなったり小さくなったりしてしまいやすいのだとか。また内臓が圧迫されるため、ぽっこりお腹や便秘になってしまうケースも多いようです。 猫背による悪影響は体だけではなく、なんと顔にまで及ぶそう。体が前のめりになることで、顔の口角が下がったり、ほうれい線が深く出やすくなったりすると言われています。

猫背の予防策

sumaho2
日経ウーマンオンライン (参照元: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120419/122821/02.jpg

電車の中やイスに座った状態でスマホを使うと、写真のような姿勢になりやすいもの。この姿勢が、猫背やストレートネックを悪化させています。
予防法は、スマホを使うときの姿勢を意識して保つこと。スマホを持つ側の手の角度を直角にし、反対側の腕はスマホを持つ手の肘の下に入れます。これにより、画面を見る目線を自然に上側へ上げることができます。画面のタッチ操作時も、忘れずに画面の位置を意識しましょう。
些細なことではありますが、症状自体も日々の積み重ねによって悪化しています。毎日の意識づけで、ストレートネックと猫背の悪化を防ぎましょう!

まとめ

スマホを使うという何気ない日常の一コマの中に、これだけの危険が潜んでいることがお分かりいただけましたか?
「自分は大丈夫」「猫背くらいそんなに気にしなくてもいいや」…そんな考えが何より危険。貴方の健康はもちろん、美容にまで既に悪影響を及ぼしているかもしれません。
一日でも早く意識づけを開始して、体の不調や美容の悩みを改善していきましょう!

facebook
twitter