【女子力】無駄遣いや衝動買いはNG!貯金や自分磨きで女子力アップ

【女子力】無駄遣いや衝動買いはNG!貯金や自分磨きで女子力アップ

2014.05.26

827

mudadukai1

一生懸命働いているのに、貯金がまったく貯まらない……そう悩んでいる方はいませんか?
貯金ができない大きな原因は、「無駄遣い」と「衝動買い」にあるのです。用もないのに何となくコンビニへ立ち寄ったり、歩ける距離なのについタクシーを使ってしまったり……そんな無駄遣いや衝動買いは今すぐやめて、そのお金を貯金や自分磨きに回しましょう!
無理に物欲を抑え込もうとしなくても、ほんの少しの意識改革で、無駄な出費が有益な出費や貯金に早変わり!その秘訣をご紹介します。

コンビニや交通費

何となく立ち寄ってしまうコンビニ、仕事帰りにふらりと入ってしまうゲームセンター……無駄遣いの大半は、こういった「本来行く必要のない場所」で生まれてしまっています。最も効果的な方法はズバリ、そういった場所に立ち寄らないこと
コンビニやゲームセンターはほんの一例です。普段からついついお金を使ってしまう場所を、メモ帳に書き出してみましょう。その場所へ行かないよう意識するだけで、無駄遣いはグッと減らせます。
そして、意外に無駄な出費となりやすいのが「交通費」。歩ける距離ならタクシーは使わない、近い駅なら1~2駅分歩く…これを実行するだけでも、使わなくてもいい交通費を大幅に削れます。また、SuicaやPASMOのチャージをしばらく止めるのも効果的。毎回切符を買っていると逆にそちらの方が面倒に感じるようになり、「近い場所なら歩こうかな」と思えるようになるはず。

衝動買いで予想外のお金が!

衝動買いの経験がある女性の90%が「後悔したことがある」という衝動買い。実は衝動買いをしてしまう理由には、さまざまな心理状態が影響しています。
中でも、ストレスは特筆すべき原因のひとつ。仕事が忙しくてイライラしているときや疲れているときなどは、冷静な判断力が欠けてしまいがち。本当なら買うはずがないだろうものまで、勢いで買ってしまいやすくなるのです。一方、お腹が空いていたり怒っていたりなど、何らかの欲求を抱えているときにも衝動買いの危険度はUP。平常心を保てるよう、簡単に解決できる欲求は早めに解消しておきましょう。
​意図的に衝動買いを避けるのに効果的なのが、「欲しいものリストを作る」という方法です。これは欲しいと思った日にちと商品の名前をリストにしておき、1ヶ月が経過した商品は必要のないものとして絶対に買わないようにする、というもの。「欲しい」という一時的な衝動をうまく削ぐことができる方法だから、ぜひ試してみて。

家計簿で簡単お金の管理

無駄遣いや衝動買いを防ぐには、家計簿をつけるのも効果的。自分のお金の使い方が、目に見えて分かるようになるからです。節約や貯金への意識も高まり、無駄遣いを減らすきっかけにもなります。
「家計簿をつけるのは面倒」という人は、大体の金額を手帳や携帯にメモするだけでもOK。細かい金額まで記さなくても、何にどのくらいのお金を使ったのかを大まかに知ることができれば、それだけで無駄遣いの削減には十分役立つのです。
​毎日の支出と収入を管理できる「マネー手帳」や、簡単な入力だけで収支を記録できる「かわいい家計簿」など、手軽で使いやすいアプリもたくさんあります。自分が使いやすいアプリを見つけて、無駄遣い卒業への第一歩を踏み出しましょう!

まとめ

大切なのは、無理な節約をして余計なストレスを抱え込まないようにすること。今日は100円浮かせられた、今月は5000円節約できた、そんな小さな「やった!」を積み重ねるのが成功の秘訣です。
自分に合った節約術を見つけて、自分磨きへの投資や貯金を楽しく増やしましょう!

facebook
twitter