【セルフプロデュース】自分を客観視して理想の自分に近づく方法

【セルフプロデュース】自分を客観視して理想の自分に近づく方法

2020.03.11

192

ポニーテールを結う女性
ポニーテール女性

「思い描く理想像と現在の自分がかけ離れすぎている…」なんて状況に陥ってしまっている方、必見!

その原因は、あなたが自分自身を上手くコントロールできていないからかも?! そこで今回は、理想の自分へと近づく「セルフプロデュース」の方法をご紹介します。

セルフプロデュースとは?といった基礎知識をはじめ、メリットやポイントなどをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

セルフプロデュースとは?

「セルフプロデュース」とは、自分の個性や魅力を分析しながら戦略的にアピールする自己演出のことを意味します。

「戦略的にアピールする」というと難しく聞こえますが、シンプルに自分がどうありたいか、どう見られたいかを考え行動を起こすことであり、自身の理想に近づけようと励む行動そのものを指しています。

まずは自分が「どう見られたいか」

メモとコーヒー
メモとコーヒー

セルフプロデュースを行う際には、まずは自分がどう見られたいかといった 目標となる自分像をはっきりと具体化させることが大切です。

このとき、「あの人のようになりたい…!」などのように漠然としたイメージではなく、理想の自分を描きながらできるだけ細部まで具体的に書き出す方法がおすすめです◎

なぜなら、より具体的に理想の自分を描くことで、今の自分とのギャップがはっきりと見え、セルフプロデュースとしてすべきことが明確化されるからです。

たとえば「美肌を手に入れたい!」というよりも「毛穴のない、白くて潤いあるお肌を目指したい!」と 理想を定めれば、毛穴のないお肌にはどういった要素が必要なのかが自ずと見えてくるはずです◎

自分の現状を見つめ直す

ブランコ女性
ブランコ女性

セルフプロデュースを行うときには、理想の自分をできるだけ具体的に明確化することも大切だけれど、自分の現状を見つめ直すことも大切です!

そもそも自分がどういった人間なのかを知らぬまま、理想を追い求めて自分磨きをする方法では遠回りになってしまうためNG…。

なお、「自分がどういった人間なのかがわからない…」という方は、セルフプロデュースを機会にまわりの方に聞いてみるのがおすすめです◎

客観的に見た自分の強みと弱みを具体的に理解することで、セルフプロデュースすべき点をしっかりと理解できるうえ、成功への近道にも繋がります♡

理想と行動を計画化する

メモ 鉛筆
メモ 鉛筆

理想の自分を具体化できれば、次はゴールに向かって今何をすべきかの計画を立てていきましょう!

今の自分にとって「その行動をするために必要なもの」「必要な時間」「必要なお金」などを明確化しながら、工面していくことが必要です。

もちろん難しいことを挙げるのではなく、簡単に取り組めることから進めていくのがポイントです◎

また、やるべきことが決まり、いつ行動に移すかを考える際には、セルフプロデュースにおいて重要とされる「すぐ行動に移す!」を意識することも大切です。

セルフプロデュースのメリット

自分を客観視できる

見つめる男性
見つめる男性

セルフプロデュースのメリットは、プロデュースの過程において自分を客観視できることがひとつに挙げられます。

自分の強みや弱みを分析するセルフプロデュースを通して、これまでは深く考えたことのなかった自分自身をはじめ、他人からどう見られているかを考える良いきっかけにも繋がります!

自分に自信が持てる

車窓 女性
車窓 女性

自分を分析しながら理想像へと近づくセルフプロデュースを通して、自分に自信が持てるようになるのも大きなメリットです!

はじめはなりたい姿を演じているものの、ときが経つとともに本当の自分へと変わっていくセルフプロデュースでは、自分に自信が持てるようになることで、自然と自身を大切にできるのも魅力です♡

セルフプロデュースで大切なこと

自分らしさを見失わない

アナウンス 木
アナウンス 木

なりたい理想の姿を追い求めるだけでは、せっかく自分が持っている個性も欠点に思えてしまうリスクへと繋がってしまいがち…。

だからこそ、セルフプロデュースを行うときには客観的に自分を分析するとともに、 自分らしさを失わないように意識することが大切です。

ほかの人と違うことは欠点ではなく個性であるため、 むやみに人と比べるのではなく、自分らしさを大切にしましょう♡

ポジティブシンキングを心がける

ハッピー 壁
ハッピー 壁

他人と比べるのではなく自分らしさを大切にするのと同様、「魅力がない…」なんてネガティブ思考にならないように要注意。

「もっと上手くできたのに…」なんて、無意識のうちに自分自身に厳しくなってしまっていませんか?

ネガティブ思考は心を不健康にしてしまうため、短所を長所に変える、ネガティブをポジティブに変えていくようなセルフプロデュースを心がけることも大切です◎

第三者からのアドバイスをもらう

パソコン 女性
パソコン 女性

自分を客観視することが欠かせないセルフプロデュースですが、「まわりからどう思われているかわからない…」という方も少なくないはず。

そんなときは、周囲の信頼できる人に相談してみることがおすすめです◎

他者評価は重要な情報としてプロデュースに生かされるため、第三者からのアドバイスをもらうことも恐れずに!

参考サイト

まとめ

理想の自分へと近づける「セルフプロデュース」について、セルフプロデュースとは?といった基礎知識から、メリットやポイントなどまでまとめてご紹介しました。

今は思い描く理想像と今の自分自身が大きくかけ離れていても、大丈夫! 自分自身のプロデューサーになることで、自然と自信が持てるようになるほか、これまで以上に自分自身を大切にできるようになるはず◎ まずは自分を客観視するところから、理想への大きな1歩を踏み出しちゃいましょう♡

facebook
twitter