【家族・仕事場など】イライラしない方法・イライラ解消に効く食べ物

【家族・仕事場など】イライラしない方法・イライラ解消に効く食べ物

2021.02.03

61

悩んでいる女性 タイトル
悩んでいる女性

ふとした時に、家族や友人、職場の人などにイラッとしてしまう事はありませんか?

感情的になり、イライラを相手にぶつけてしまうと、相手との関係性も失いかねません。

今回は人はなぜイライラしてしまうのか、イライラを防ぐ方法などについて、紹介します!

イライラする原因とは?

自分の思い通りにいかなかったから

悩みを抱える女性
悩みを抱える女性

「全てが自分の思い通りにならない」とわかっていても、ついついイラっとしてしまうことってありませんか?

決めつけるのは良くないと思っていても、相手に対して「これはこうあるべき!」「こうしないと効率が悪い!」と心の中で考えてしまうことがありますよね。

そのため、自分が思った通りに行動してくれないと「何で?!」とイラッとしてしまいます。

自分でもわからないうちに思い込みが激しくなってしまうことがあり、ついつい怒りっぽくなってしまうということがあります。

自分に余裕がないから

悩む女性L
悩む女性L

自分に余裕がない時は、ついつい相手を責めてしまいがちです。

自分が現状に対して不満を持っているときは、相手に対して寛容でいられなくなり、すぐに腹が立ってしまいがちに。

例えば「お金がない」「時間がない」「愛情が足りていない」など…。自分の欲求が満たされていないと、欲しいものが手に入っている人に対して、嫉妬心が芽生えてしまうことがあります。

また自分が頑張っているのに、その頑張りを認めてもらえていないと、イラッとすることも。

他人に期待しすぎているから

仕事に埋もれる
仕事に埋もれる

相手に対してイライラしてしまうのは、その人に対して期待し過ぎていることが原因かもしれません。

自分のことをわかってくれているから、ある程度やってくれるだろうと思っていたら、全然やってくれないという時に起こりがち。

相手に過度な期待をすると、その期待を下回った時にイラッとしてしまいます。

最初から期待をするのはやめて、「やってくれればいいな」と軽い気持ちでいるようにしましょう。

疲れがたまっているから

リップを落とさないで寝る
リップを落とさないで寝る

疲労が溜まっていると、イライラを感じやすくなります。中でも質の良い睡眠が取れていないと、ちょっとしたことでも怒りが湧いてきてしまいます。

「最近イライラするようになったな…」と感じる方は、もしかしたら睡眠が原因かも…?早めに布団に入って、体を休めてあげるようにしましょう♪

イライラの解消法☆

とりあえず1人になる

悩む女性L
悩む女性L

イライラしてしまった時は、一人になることをおすすめします。

相手に対してイライラして、強く言いすぎてしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか?

そのまま気まずくなって、相手と疎遠になってしまうことは避けたいですよね。

そのため、イライラしたり相手に当たってしまった時は、一旦その場から離れてみましょう。冷静になることで、客観的に物事が見れるようになります。

怒りのピークが過ぎるまでを待つ

時間が進む
時間が進む

相手にイライラしてしまっても、その場から離れることができない場合がありますよね。

その場合、頭の中で「1、2、3……」とゆっくり6まで数を数えてみましょう。

なぜ6秒なのか?それは心理学で、「人の怒りのピークは6秒」と言われているからです。

感情的になって、対人関係を壊してしまうことが多い方は、まずは6秒待ってみましょう。何も考えず、無心で数えると、心が落ち着きます。

ゆっくり深呼吸をする

ビーチで瞑想する
ビーチで瞑想する

イライラしたり怒りを感じると、鼓動が早くなり、呼吸が浅くなります。

そのため、深呼吸をして呼吸を整えることにより、心が落ち着いてきます。感情と呼吸はつながっているということですね。

呼吸や感情が落ち着いてくると、客観的に状況を判断でき、自分がどう行動していくかを考えることができます。

自分の好きなものに触れて心を落ち着かせる

ハッピー 壁
ハッピー 壁

好きな香りを嗅ぐと、心が落ち着くことはありませんか?アロマオイルは、気持ちを落ち着かせる効果があります。

イライラした時は、自分の好きな香りを嗅いで、心を落ち着かせましょう♪

常に香水やヘアコロンなどを持ち歩き、サッと取り出せるようにしておくのが◎。他にもペットの写真や、好きなことを考えたりして、気持ちを切り替えるのも効果的です。

イライラ解消に効く食べ物

食事のはてな
食事のはてな

①乳製品
イライラや怒りを和らげてくれる食べ物を摂取するのもおすすめです♪
まずは牛乳・チーズなどの乳製品。乳製品に含まれるカルシウムは、興奮を抑えてくれる効果があります。
夜寝る前にホットミルクやホットヨーグルトを摂取すると、自律神経が整います。カロリーが高いので、適度に摂取するのがおすすめ♡

②カカオ
あとはカカオにもリラックス効果があると言われています。チョコレートはカカオが豊富!最近は「ストレスを軽減するチョコレート」が販売されています。

③ナッツ類
アーモンドなどのナッツ類には、マグネシウムが配合されています。このマグネシウムは、神経の興奮を抑えてくれる効果があります。
他にも、ビタミンBやビタミンCが多く含まれている食品もおすすめ。

普段から家族や仕事、彼氏にイライラしない方法☆

他人に過度な期待をしない

仕事を教える
仕事を教える

相手に期待をしないことも大切です。例えば部下が「これくらいの仕事はできるだろう」と思ってしまうと、その期待を下回った場合にイラッとしてしまうことが考えられます。

相手に期待をするのは、相手を信頼しているからこそ。ただイライラを防ぐ方法としては、相手へのハードルを下げておくことです。

相手へのハードルを下げることで、イライラすることも減るはず。

期待はせずに「このくらいやってくれたら嬉しいな」というくらいに、軽く考えておくと気持ちも楽です。

自分のルールに他人を当てはめない

手の上にハート
手の上にハート

自分が考えていることが、相手も同じように考えているとは限りません。

そう思っていると、相手がその通りの行動をしなかった時に、イラっとしてしまう場合があります。

「自分だったらこうするのに」「なんで効率よくできないんだろう」という考えを押し付けないことが大切です。押し付けないことで、イライラせずに済みます。

常に相手に自分の考えを押し付けていると、「いつもイライラして、怒っている」というイメージを持たれてしまいます。自分のルールを他人に当てはめないことが大切です♪

時間に余裕を持って生きる

時計
時計

時間に余裕があると、心にも余裕をもたらしてくれます。学校や会社に遅れそうで、急いでいる時ほど、忘れ物などのミスをすることはありませんか?

でも時間があれば、準備をしっかりできるので、ミスを防ぐことができますよね。

時間に余裕がなくなると、イライラして、相手に対して当たりやすくなってしまうことも。

いつもギリギリで生活している人は、時間に余裕を持って、行動してみましょう♪

自分を客観的に見る

ノートを書く人
ノートを書く人

イライラした時は、一歩引いて、自分を客観的に見ることも大切です。

何に対してイライラをしたのか、どうしてイライラしたのか、どのくらいイライラしたのか、どのように対処すれば良いかなど、紙に書き出してみましょう。

紙に書き出すことにより、自分を客観的に見ることで、怒りをコントロールすることができます。自分がどんなことに対して怒りを感じるのかを知れば、その後の対応がスムーズになるはず。

自分の特徴を知っていくためには、長く時間がかかるかもしれませんが、自分をコントロールする方法としては、ずっと使えるものになるでしょう♪

身体を労わって健康的な生活をする

寝ている猫
寝ている猫

身体が疲れていると、イライラを感じやすくなります。仕事が忙しくて寝不足になると、些細なことでイライラしやすくなる傾向があります。

イライラするとストレスが溜まりやすくなるため、食事をきちんと摂ったり、睡眠時間をしっかり確保したり、規則正しい生活を送ることが大切。

身体をきちんと休ませることで、精神的にも安定してきます。「最近イライラしやすくなったな…」と感じる人は、不規則な生活を送っていませんか?

まずは生活習慣を見直して、規則正しい生活を送ってみましょう。

最後に・・・イライラした時にするNG行動!

周りの人に当たる

イライラ
イライラ

イライラして、周りの人に強く当たってしまうことは避けましょう!感情的になるとブレーキが効かなくなり、思いもよらない行動をしてしまう可能性があります。

強く当たってしまうだけでなく、物などを投げてしまうと、相手に危害を加えてしまいます。それは絶対に避けましょう。

一瞬カッとしてしまっても、冷静になると「なぜあんなことをしてしまったのだろう」と思うはず。

そのためイライラしても、感情的にならず、一旦冷静なることが大切です。

暴飲暴食をする

サンドイッチを食べる女性
サンドイッチを食べる女性

イライラを抱え込んで発散できないと、暴飲暴食に走ってしまう人がいます。自分の身体を犠牲にするのは避けましょう。

例えば、お酒をたくさん飲んだり、甘いお菓子などをたくさん食べてしまうことです。体調を崩してしまったり、体重が増えてしまう原因に。そうするとストレスが溜まって、余計にイライラしてしまいます。

そのため、ストレス発散のために暴飲暴食をすることは避けましょう。

大事な判断をする

目標設定
目標設定

何か大事な物事を決断するときは、知らない間にストレスがかかり、イライラしてしまう原因になります。

また仕事で大事な案件を抱えていたり、トラブルがあると、いつもより気持ちが沈んで、イライラしがち。判断能力も落ちてしまって、物事を冷静に判断できないことがあります。

そのため、プライベートでも家族や友人などと揉めてしまう…といったことが起きやすくなるんです。

イライラの原因になりそうなことは、事前に解決をしておくのが◎。また常に一歩冷静になって、物事を考えるのがいいでしょう。

まとめ

【参考サイト】
Smartlog
マイナビウーマン
MENJOY

イライラしてしまう原因は人それぞれですが、疲労が溜まっていたり、他にもストレスを抱えていると、イライラしてしまうことが多いと言えます。

ストレスになっているものを排除することも大切ですが、すぐに感情的にならず、自分を客観視し、冷静になることも必要です。

心に余裕を持つことで、自分にも相手にも優しくなれますよ♡

facebook
twitter