【写真】自分だけ盛れない?いつもの顔で写真写りを良くする方法

【写真】自分だけ盛れない?いつもの顔で写真写りを良くする方法

2018.03.25

734

camera
camera (参照元: usplash

インスタなどSNSが盛んな今、写真を撮る機会ってすごく増えてますよね(^_^)しかし、なかには「私って、どの写真も写りが悪い」と写真を撮ることが苦手になっている人もいるのではないでしょうか?

どんな時も可愛く写真に写れるといいですよね。そこで今回は、写真写りをよくする方法を紹介します♡

あなたの写真写り、ちゃんと盛れてる?

女性服装
女性の服装

「インスタ映え」が流行語になるほど、SNSが盛ん☆そのため、写真を撮ったり、撮られたりする機会が多くなっていると思います♪( ´▽`)

でも、友達と一緒に撮った写真で、友達はかわいく盛れているのに、自分はブサイクに写っているものをSNSに投稿されると、とっても嫌な気分になりますよねΣ(-᷅_-᷄๑)

他にも、写真を撮られるのが苦手な人や写真写りに悩みを抱えている人は意外と多いんです。いつでも、誰が撮っても盛れてる写真を撮るには、どうしたらいいのでしょうか?

写真写りが悪い原因

カメラの角度と自分の顔の角度があっていない

カメラマン

写真を撮る時に、カメラの角度と自分の顔の角度が合っていないと、写真写りが悪くなってしまいます。

人間の顔は、左右非対称です。なので、どの角度がより可愛く写れるか知っておくといいですよ♪

ついやりがちなのが、小顔に見せたいからと、顎を引きすぎること。二重あごになってしまうので注意しましょう(^^;)

写真を撮ってもらう時は、
ピントの中心に合うようにポーズをとる
髪の分け目の方から撮ってもらう
というポイントを押さえておくと、カメラの角度と顔の角度が合い、写真写りがよくなります♪

笑顔になりすぎている/表情ブス

smile
smile (参照元: usplash

写真写りが悪いと悩んでいる人は、笑顔になりすぎて違和感のある表情になっていませんか?

本当に楽しくて思いっきり笑顔になっているならそのままでもOK☆だけど、わざとくしゃっとした笑顔を作ってしまうと、写真写りを悪くしてしまいます(>_<)

自然な笑顔を作るコツは、下の歯が見えないように口角を上げること。シャッターを押す時に、目が閉じてしまわないように、目もぱっちり開いておきましょう。

他にも、写真撮影する時に、緊張して表情が硬くなってしまう、可愛く写りたくて無理に目を大きくしている、顔が下向きになってしまうという人は表情ブスになりやすいです。

カメラを向けられらたら、リラックスして自然な表情を作るように心がけてみてください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

姿勢が悪い

kakudo
姿勢 (参照元: usplash

姿勢が悪いのは、写真写りが悪く見える原因です!猫背やガニ股、内股はスタイルが悪く見えたり、だらしなく見えたりします

また、写真撮影する時に、姿勢が悪いせいで顔回りに影ができ、実物よりも顔が大きく見えることも。

写真写りを良くするためには、表情だけでなく姿勢がいいことも重要なポイントです(^_^)

顔の彫が薄い

鼻
(参照元: usplash

写真は平面なので、顔の彫りが薄い人は、陰影ができず、のっぺりとした表情に写ってしまいがち(>_<)

逆に顔の彫りが深い人は、明るさをあまり気にしなくても、きれいに写ることが多いです。

顔の彫りが薄い人は、ハイライトやシェーディングで凹凸を作るなど、メイクで対策をしてみてください

いつもの顔も盛れちゃう!写真写りをよくするテクニック

あごの位置に注意

ago

写真は、角度によって顔の大きさや形の見え方が変わります。写真を撮る時、「あごを引いてください」と言われたことがありませんか?

しかし、あごを引きすぎると、2重あごになってしまうので写真写りが悪くなってしまいます。逆にあごを上げすぎると、見下しているようなきつい表情になることも(>_<)

このように、写真写りをよくするにはあごの位置が重要です。カメラの真正面に立ったら、あごを少しだけ上げると、あごのラインがシャープに写りますよ

肩はなるべく開く

kata
kata (参照元: usplash

肩を丸めてしまうと、老けて見えたり、太って見えたりします。写真を撮る時は、なるべく肩を開くようにしましょう。

姿勢を良くすると、上半身がすっきり見え、スタイルが良く見えますよ(*‘∀‘)

舌は前歯の裏側に

笑顔 口角
mouth

写真を撮る時に、自然な笑顔を作りたい人は、舌を上の前歯の裏側に付けてみてください。 この時、顔の筋肉に力を入れてしまうと、表情がこわばってしまうので、緩めましょう(^-^)

グループ写真は真ん中に

center
center (参照元: usplash

グループで写真を撮る時、一番きれいに写れる位置は「真ん中」です♪みんなが真ん中に向かって集まっているので、目立つし、体が細く見える効果があります。

端っこだと、見切れることや照明が当たらないことがあり、写真写りが悪くなりやすいです。グループ写真を撮る時は、なるべく真ん中の位置を狙うのがおすすめ(^_-)

脚はクロスして

「脚の太さ・むくみ」「下半身太り」
美脚

脚をクロスさせるポーズは、モデルさん達もやっているテクニック♪身体のラインをXにすることで、くびれができ、スタイルが良く見えます。スタイル良く写真に写りたい人は、ぜひ実践してみてくださいね♡

手は腰で美人度アップ

手を腰に当てている
腰に手を当てる

手を腰に添えたポーズで写真を撮ると、美人度がアップ(*≧∀≦*)海外ブランドのコレクションでもモデルさんがやっているのを良く見かけます。

ポイントは、腰に手を添えたら、腕をなるべく体から離すこと。ウエストもくびれて見えるし、二の腕も細く見えます♪

まとめ

まずは、今までの自分が写った写真をチェックして、どうして写真写りが悪いのか原因を見つけてみましょう☆それから、写真写りが良くなるテクニックを何度か練習してみるといいですよ(^_-)

恥ずかしい人は、自撮りなら誰にも見られずにできます♪自分が一番盛れる角度やポーズを見つけてくださいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

facebook
twitter