【悩み】痩せないのは脳のストレスが原因かも?痩せない原因に迫る

【悩み】痩せないのは脳のストレスが原因かも?痩せない原因に迫る

2018.02.12

147

女性の後姿
女性の後姿 (参照元: unsplash

食事制限をしたり、運動を頑張ったりとダイエットに励んでいるのになかなか思うように痩せない…と悩んでいる人、必見!

実は、その原因は脳がストレスを抱えてしまっているからかもしれません。

そこで今回は、痩せない原因や脳にかかるストレスを抑える方法、女性が痩せづらい時期をまとめてご紹介します。

痩せない原因を突き止めれば、きっと効率の良いダイエット方法が見つかるはずです◎

ダイエットしているのに痩せない、、その原因って?

代謝が低い 

ダイエットをしているのに痩せない人は、基礎代謝の低さが原因かも?!

基礎代謝が低いと、ダイエットをするうえでかなり不利になってしまう一方、基礎代謝を上げながらある程度の食事制限をしていれば必ず痩せていくもの。

そのため、ダイエットをしているのに痩せない人は筋トレで筋肉をつけ、基礎代謝を上げれば効果が得られるはず!

数ある筋トレのなかでも、インナーマッスルを鍛えられるバランスボールなら、基礎代謝を上げると同時にスタイルも良くなるためおすすめです◎

少量しか食べない

食事
食事 (参照元: unsplash

食べ過ぎはもちろんNGだけれど、かといって食べなさ過ぎもダイエットには不利になってしまうため要注意です!

人は1日最低1,200カロリーの摂取が必要とされており、それを下回ると本能的にカロリーを貯めなければいけないと身体が判断してしまい、結果痩せない身体を作ってしまうことに…。

肉を食べない

肉
(参照元: unsplash

肉を食べると太ってしまう…と耳にしたことのある人も多いのでは?

でも実は、肉を食べないとタンパク質が必要量摂取されずに筋肉をつけたり、新陳代謝をアップすることが難しくなってしまうため、しっかりとお肉からタンパク質を摂り入れることも大切です。

なお、赤身の多い部位を選べば、それが原因で太ることはないためご安心を!

過度な運動 

運動
運動 (参照元: unsplash

ダイエットには運動が欠かせない!と思って、張り切って運動をし過ぎてしまっていませんか?

もちろん運動を全くしないのはダメだけれど、頑張り過ぎてしまうとお腹が空いて暴飲暴食の原因となってしまうことも…。

そもそも私たち人間が消費するカロリーのうち、運動による消費カロリーはたった5%に過ぎないのです。

それに対して、基礎代謝による消費カロリーは25%も占めているからこそ、基礎代謝をアップさせる目的で適度な運動を心掛けることが大切です◎

水分を取っていない 

水
(参照元: unsplash

水分を取るとむくみが気になる…という理由から、水分をあまり取っていないという人もいるのでは?

確かに寝る前に水分を取り過ぎるとむくみの原因になってしまうけれど、日中に水をしっかりと取れば新陳代謝が高まるためダイエット効果が得られるのです。

1日に飲む水分量は1.5リットル〜2リットルを目安に、しっかりと水分を取って痩せやすい身体づくりに努めましょう!

ミネラルをしっかりと補えば、余分な水分は尿となって排出されるため安心です◎

嘘の空腹に騙されている

女性
女性 (参照元: unsplash

周りが食べているからという理由だけで、何となく食事を取っていませんか?

人間には嘘の空腹感というものがあり、本当は必要ないのに食べてしまうと脳はバランスを崩してストレスを感じてしまうのです。

そのため、空腹を感じたときには、すぐ食べものに手を伸ばすのではなく、本当に空腹なのか、本当に身体は栄養を必要としているのかを脳に問いかけてみるのがベター◎

なんとなくで食事をしてしまっているという人は、痩せない原因に直接結び付く行動だからこそ、今すぐ止めましょう!

痩せにくいのは脳のストレスかも

我慢のし過ぎはNG 

女性
女性 (参照元: unsplalsh

食べ過ぎてはいけない、運動しなければいけないなど、ダイエットを行ううえで様々な我慢をしているのに痩せない…と悩んでいる人は、脳のストレスが原因かもしれません!

脳には知的活動を司る「大脳新皮質」と生きるために必要な欲求を司る「大脳旧皮質」というものがあり、これら2つから指令が下されることで健康を保つのはもちろん、ありとあらゆる行動を起こすことができているのです。

ただし、ダイエット中にあまりにも我慢をし過ぎてしまうと、脳がパニック状態に陥りバランスを崩して正常な働きが機能しなくなってしまいかねないため要注意!

仕事や恋愛などでストレスを抱えてしまうのと同様に、ダイエットで我慢をし過ぎて脳にストレスを与えてしまうと痩せなくなり、それによってさらにストレスを感じてしまうという、まさに悪循環に陥ってしまうことに…。

そのため、我慢のし過ぎで脳にストレスを与えてしまわないように心掛けることが大切です◎

脳へのストレスを軽減させることが大切

眠っている女性
眠っている女性 (参照元: unsplash

我慢やストレスが付きものと思いがちなダイエットだけれど、イメージトレーニングを応用することで脳へのストレスを抑えることができるため、ぜひ試してみて◎

このイメージトレーニングでは、痩せた自分の外見だけを想像するのではなく、痩せて綺麗になった自分が素敵な彼氏とデートをしているところや、雑誌で見かけて憧れていた洋服を着ておしゃれなレストランで優雅なひとときを過ごしているところなど、できるだけ具体的かつ鮮明に痩せたあとの自分をイメージすることがポイントです!

そうすることで、痩せなければ!という義務感から、痩せたい!というわくわくした欲求に変えていくことができるはず♡

このプラス思考への変換こそが、脳へのストレスがグンと抑えられる効果に結び付くのです!

痩せない時期って存在するの?

スケジュール帳
スケジュール帳 (参照元: unsplah

痩せたいときに正しいダイエット方法を行えばいつでも効果が期待できる男性とは異なり、残念ながら女性の場合にはどうしても痩せない時期が存在するもの。

そのことを知っておくだけでも、なんで痩せないの!というストレスが緩和されるはずだから、痩せない時期について知っておくことが大切です。

妊娠・出産ができる身体の仕組みをしている女性の場合、妊娠しているかもしれない時期にあたる「排卵日後」は痩せない時期にあたります。

なぜなら、この排卵日後には妊娠していても良いように水分などを身体が自然と溜め込む仕組みになっているから。

一方、ダイエットにおすすめの時期として挙げられるのが「生理後10日間」。

この期間にはエストロゲンというお腹まわりなど内臓脂肪を小さくしてくれる女性ホルモンが働くため、脂肪燃焼しやすい有酸素運動などを意識的に行うと効果的です◎

まとめ

食べたらダメ、運動しなきゃダメと脳にストレスをたくさん与えてしまっていた人ほど、ご紹介した痩せない原因の数々に驚かされたのでは?

せっかくダイエットに励んでいても痩せないのなら、それには必ず原因があるため、徹底的に見直すことが大切です◎

そうすることで、ストレスレスなのに効率アップのダイエット方法が見えてくること間違いなし♡

痩せた自分の姿や行動をしっかりとイメトレしながら、痩せない時期に負けないダイエットを成功させちゃいましょう!

facebook
twitter